みとのひとりごと

関西人、東京在住。人生いまだ考え中。昭和の残香がするすみっこが好き。

純喫茶をベースキャンプと勝手に呼んでいる。

f:id:mitomito777:20170409194744j:plain

 純喫茶のことを勝手にベースキャンプと呼んでいる。
別に登山なんてするわけないし、特に大きなことに挑むわけではないけれど、仕事で久々の街に来たときには、純喫茶という空間に大いに助けれる自分がいるからだ。
 その街に好きな喫茶店を見つけただけで、その街に行くことがなんなく好きになってくる。東京は街を歩くと人が多くて疲れる。そんな時にお気に入りの喫茶店に入るだけで、テンションが上がってくる。もちろん純喫茶が最高だ。新宿、池袋、渋谷、秋葉原、神保町、茅場町……。どの街にもなんとなく好きな喫茶店がまだ残っている。
 でも時代は変わり、純喫茶もずいぶん減ってしまった。街中にはスタバ、ドトールベローチェなどのチェーン店ばかりだ。コメダ珈琲や星乃珈琲などはまだ風情はあるが、それでもやはりチェーン店は居心地が悪い。
 ちょい個性的な風貌なオーナーとやややる気のない店員、昭和から続く少し煤けた店内。そんな感じの純喫茶が特に最高だ。少し小腹が空いていたら、トーストを頼むし、減ってなかったらホットだけでいい。少し贅沢な気分なときはハムサンドなんかもいい。できれば1時間くらいぼーっとする。なんとなく店内を見渡しながら、周りのお客の会話になんとなく耳を傾ける。どーでもない知人の噂話や職場のぐち、早口のセールストークなんかに耳を傾けながら、タバコを1本、2本、3本……。ゆっくりと7-8本くらい吸い込む。少し灰皿の中が手狭にになり、時間の経過をはっと感じる。そのううちに、いつのまにかそれまでの疲れもなんとなくなくなり、それまでよそよそしかった街の空気も和らぎ、なんだか少し愛着さえ覚えだす。
 いつの間にか、あまり楽しくもない約束の時間が迫ってくる。多分錯覚なんだろけど少しだけ心も温かい。特にいいことがあったわけではないのだけれど。そんな日常に、けっこう満足している自分がいる。