みとのひとりごと

関西人、東京在住。人生いまだ考え中。昭和の残香がするすみっこが好き。

アラフォー男子の東京生活コスト

f:id:mitomito777:20170604093721j:plain

 毎日いろいろなブログをちら見してているのだけど、生活費を公開しているのは貧乏ブログとか借金ブログばっかり。一方雑誌に書かれているような生活コストは、贅沢で無駄な出費を抑えろという説教的なものばかり。意外と都会の独身男子(おっさん)の平均生活コストがほとんど見当たらないので、自分の今の生活コストをまとめてみた。

 ▽基本スペック
 アラフォー男子(限りなく40に近いアラフォー)、独身。
 年収 550~600万円。ボーナス除く月の手取り30万円前後。
 車なし。賃貸アパート暮らし。職場までドアツードアで40分くらい。
 
 ▽家賃  7万円(東京23区のはじっこの区に住み。狭い部屋が苦手なので、
 ひとり暮らしだけど2DKと広め)
 ▽電気代 6000円
 ▽ガス代 4000円(プロパンで若干高め。年平均。夏2500円、6000円)       
 ▽水道代 2500円
 ▽光ファイバー 4500円
 ▽携帯代 4500円(2台=シムフリー、仕事用ガラケー
 ◎基礎生活費合計=8万7000円

 ▽食費、外食費 10万円 
 =平日は昼、夜とも外食。夜はたいがい安い飲み屋で3000円ほど使う。平均
 すると1日平均4000円くらいか。土日に用事がないときは一応自炊をしている。
 ▽本代、服代、雑費 2~3万円 
 ▽交遊費、他    3~4万円
 ◎月の出費の合計 25万円前後

 収入は、東京では高級取りは言えないが、貧乏とは言えない水準だと収入だと思う。仕事は時期にもよるが、まぁー楽な方かな。 
 特に節約生活はせず毎日安い居酒屋で飲み歩ているが、毎月30万円前後の手取り収入で25万円前後しか使わないので月5万円くらいは余る。年に1~2回くらい海外旅行にもいくが、ボーナスはまるまる余るので年間で150万円くらいは普通に貯金できている気がする。
 単純にモテないだけだが、これを書いていると独身は本当に気楽だと思う。同じくらいの収入で東京で家族持ちだったら、かなり厳しい暮らしになってしまうのかもしれない。遂に年間の出生数が97万人と100万人を下回ってしまったが、そう思うと日本で少子化が進むのは当たり前のことだな。今のアラフォー世代でも1学年180万人ほどもいるし、団塊の世代なんて、
 1学年250~280万人もいるのに、本当の社会の人口バランスは悪い。大変だわ。自分へのメモ的な意味で、今の生活コストをまとめてみた。数年後、もしくは10年後にこのブログを見直すことがあったら、僕はどう思うかな。今の生活は変わっているのか、それともだらだらと同じなのか。とりあえず今は分からない。