みとのひとりごと

関西人、東京在住。人生いまだ考え中。昭和の残香がするすみっこが好き。

15年ぶりのパタヤ

f:id:mitomito777:20170817182747j:plain

 今、パタヤにいる。夏休みの数日間の間だけだけど。マレーシアで少し仕事があり、その帰りに夏休みを取ってなんとなく立ち寄ってみた。
 実はパタヤに来るのは大学生の時以来なので、実に15年ぶりだ。しかし今やパタヤも中国人、中国人、中国人の嵐だ。日本人も盆時期なのでいるにはいるが圧倒的に少数派で、韓国人よりも確実に少ないだろう。
 夜のウォーキングストリートを歩いてみても、日本人の少なさに唖然とする。中国人のツーリストグループが色とりどりの旗に連れられて何十グループも通り過ぎる。大阪の心斎橋さながらの風景なのだが、今やこの風景は世界共通のものなんだろうなと再認識する。バンコクに比べるとまだまだ安いパタヤの物価だが、ウォーキングストリートだけは特別で、少し高めの店で食事をすると平気で2000ー3000円以上かかる。ゴーゴーバーもかなり値上がりしており、下手したら日本よりも高いくらいの印象だ。日本経済の弱さを肌で感じさせた。物価の高さにうちひしがれながらまだ安いソイ6のバービア街の飲みの場所を移す。

 でもそうは言ってもパタヤはまだまだ田舎街でもある。レンタバイクで20分も走れば少しひなびた海岸線に風景は変わる。
 今日、ひなびたパラソルが目に入った海のいえを偶然みつけた。地元の老夫婦が、ゆっくりとクロスワードをときながらコーヒーを飲んでいる横で、40バーツのココナッツジュースを飲む。風よけを首のまわりにつけてもらった老犬が眠そうに老夫婦のそばに寝そべっている。なんかゆっくりとした時間が流れる。少しベタな言い方だだけど、命の洗濯って感じだ。まだパタヤにもこういう場所があったのかとほっとする。
 明日にはバンコクに戻り、数日後には日本での当たり前の仕事の日常が始まる。世の中は変わる。それもかなり早いスピードで。変わる前の世界の片隅に、ほんの少しだけでもいいから、とどまっていたいな。そんなわがままなことを考えていた。

f:id:mitomito777:20170817182737j:plain

 

f:id:mitomito777:20170817182535j:plain