みとのひとりごと

30歳を過ぎてから上京したアラフォーの関西人。独身。人生いまだ考え中。昭和の残香がするすみっこが好き。

耳とストレス。

f:id:mitomito777:20190605125100p:plain

 約1カ月ぶりのブログ更新。最近耳の調子がすこぶる良くなくて、集中力にかけている日々を過ごしている。慢性的に耳がこもったような状態になり、非常に気分が悪い。常に軽い高山病やプールの耳抜き前の状態に近い。特に狭い部屋、エレベーターの中なんかにいると、圧迫感ははかなり厳しい。耳鼻科にも2カ所ほど行ってみたんだけど、特に中耳炎とか外耳炎のような分かりやすい症状もなく、強いて言えば鼻のカミすぎで鼓膜に負担をかけているとのことらしい。言い訳程度の抗生物質とアレルギー薬をもらったんだけど、とりあえず今のところはあんまり効果を感じない。特に日々の生活が不自由なわけではないんだけど、聞こえてくる音が全て少し重低音になっている日々は、なんとなく心地悪い。そんなわけで、テンションの低い日々を過ごしている。週2-3回はぼっちで居酒屋でぐだ飲みする日常も、若干変わりつつある。小さな居酒屋でそれなりに人で混雑している場所で圧迫感があるのだ。多少は我慢できるのだけど、となりのおっさんたちの大声が耳が普通だった時に比べて、かなりストレスになってくる。ということで、ぼっち居酒屋の回数もだいぶ減ってしまっている。寂しい限りだ。

 ただ最近はやっと耳ストレスにもだいぶ慣れ、最近耳の負担を緩和する方法を発見した。鼻にウェットティッシュを詰め込んで、鼻の孔を大きくすると少し楽になるのだ。鼻呼吸の軌道を増やすことで、耳の負担が減り、少しだけ楽になるということなのかな笑。そういうわけで最近は自宅でいつも鼻の孔にウェットティッシュをつっこんで暮らす、わびしい日々だ。ネットを何気に見てても、なかなか耳の症状は個人ごとに繊細で、治療にも時間がかかるらしい。今の僕にできる対処法は、耳に負担をかけないようにできるだけ鼻をかまないことぐらい。切ない日々だ。

 そんなこんなで、耳ストレスから集中力も持てない日々を過ごしている。次にブログ更新するまでには治ればいいんだけど。既に1カ月近く治らない状態なので、しばらくは厳しそうだな。普段は気にしないが、耳はなかなかに暮らしの中で重要なパーツなんだと、再認識している日々です。