みとのひとりごと

30歳を過ぎてから上京したアラフォーの関西人。独身。人生いまだ考え中。昭和の残香がするすみっこが好き。

燈明寺の猫と煎餅屋。

f:id:mitomito777:20191120193301j:plain

 少し不思議な経験した。総武線錦糸町駅新小岩駅の間に少しマイナーな平井という駅がある。たまにこの駅の近くに仕事で行くことがあるんだけど、そのついでに、平井駅から徒歩5分くらいのとこにある燈明寺というお寺でなんとなくお参りをすることがある。最近、特に思想信条があるわけではないのだけど、なんとなく運がよくなりそうなので、宗派問わずにふと見つけた神社でお参りをしているのだけど、この燈明寺はなかなかに心地良い。敷地もけっこう広く、境内までの階段も長く、かつ人もほとんどいない。寺の横が幼稚園で子供の声が常にこだましているのも悪くない。23区内と思えないゆるい空気が個人的にお気に入りだ。

 この日も燈明寺でお祈りして普通に帰ろうとしていたのだけど、帰り間際に東明寺の入口の門柱に三毛猫を発見した。なかなか可愛くて、写メを取っても逃げる様子も抵抗もなく、それどころか、こちらにすり寄ってくる。とても人慣れてしている。しばらく撫ぜていたらなぜか、おもむろに門柱から道路に飛び降り、こちらを振り返り、にゃーにゃー泣きながら、歩き出した。こちらを振り返りつつ、ついてこいオーラを出しながらゆっくり歩くので、ついっていってみた。常にこちらを様子見しついて来ているか確認する三毛猫。歩調を促されながら、数分歩くと、煎餅屋の前で猫は突然立ち止まった。自家製煎餅が並ぶ、懐かしい感じの煎餅屋だ。猫はそこに立ち止まり、にゃーにゃ―と鳴く。「煎餅を買えということか?」と不思議な気持ちになりながら、店内を見渡すも、誰もいない。三毛猫のにゃーにゃー催促は続く。何度かの「すいませーん」のこちらの呼びかけにようやく答えて、おじいさんが出てきた。昭和の匂いのする禿丸顔のとても温和な感じのおじいさんだった。そしておじいさんが出てくると三毛猫は満足げに、店の奥に姿を消した。

 猫が去った煎餅屋で、とりあえずのり煎餅5枚(1枚80円)を何かの義務のように交わされた僕。とても不思議な気持ちになりながら、おじいさんに「あの三毛猫はよく客を連れてくるの?」と尋ねた。おじいさんによると、特に飼い猫ではなく野良猫だが、いつのまにか居ついているとのこと。そしてたまに燈明寺からお客を連れてきて、煎餅を買わせているらしい笑。僕も猫に連れられて煎餅を買わされた一人となったのだな。しかし猫の営業力はすざまじいな。三毛猫に促されると、さすがにほとんどの人間はついていくしないない。その営業力は半端ない。まぁ断れない。でも三毛猫がそういつも客引きするのだはなく、晴れた心地のよい昼下がりに、「気が向いた時だけど、客を呼び込んでくる」んだとおじいさんは言っていた。気まぐれの猫の客引きは実は、そんなに売上げに貢献しているわけでもなさそうだった。

 そんな平井の昼下がりの出来事だった。もし何かの機会で平井駅に行くことがあったら、燈明寺まで足を伸ばし、三毛猫に客引きについていって欲しい。ちなみにその煎餅屋の海苔巻きせんべいは、とてもよくある普通の味だったが。