みとのひとりごと

30歳を過ぎてから上京したアラフォーの関西人。独身。人生いまだ考え中。昭和の残香がするすみっこが好き。

新型コロナ心配するなら、車に乗るな(新型コロナと交通事故の死者数を比べてみる)

 非常に気分が悪いので、極論を書く。新型コロナウィルスの感染拡大の予防が過剰化し過ぎて、心の底から気持ち悪い。そもそも今のコロナの感染者は3月9日現在で世界でたった10万人強で、死者は約3800人に過ぎない(あくまでもたったと言わせて欲しい)。この程度の出来事で世界経済がマヒしている現状に、馬鹿馬鹿しさで一杯だ。極論かもしれないけど、こんなことでここまで危機意識をあおりまくる人類のおこちゃま化にうんざりしている。相場が暴落して大損をこいているテンションのおかしさをあるが、この行き過ぎ感をなんとかして欲しい。ちなみに日本の新型コロナの感染者は現時点でたった450で、死者に至っては6名に過ぎない。

 ちなみに世界の交通事故での死者数は年間135万人以上に上る。現状のコロナの死者数の355倍だ。これが毎年世界で起こっている現実だ。ちなみに日本の昨年の交通事故死者数は3200人で今の死者数の533倍だ。本当に馬鹿馬鹿しい。新型コロナを心配するなら、永久に車に乗るな。本当にそういいたい。

 しかしあれだね。空売りヘッジファンドはすごいわ。本当に庶民が危機感をあおるタイミングで空売りをしかけてくる。やっぱりプロには勝てないね。ファンダメンタルもテクニカルもどちらもまったく役に立たない相場。これからそれなりの時間が経った後に、今回の投げ売り相場はどう分析されるのか(さらに下げるなかで投げ売りが正解だったのか、馬鹿の投げ売りだったのか)。その確認くらいしか楽しみがないな笑。