みとのひとりごと

30歳を過ぎてから上京したアラフォーの関西人。独身。人生いまだ考え中。昭和の残香がするすみっこが好き。

志村けんに合掌。笑いと酒と女に生きた人生なんて最高じゃないか。

f:id:mitomito777:20200330221439j:plain

 志村けんさんが新型コロナで亡くなった。今日の昼過ぎにそのニュースを知った時に、なんとも言えない喪失感が心に落ち込んだ。アラフォー男子にとって、志村けんは子供時代の憧れだった。8時だよ全員集合から加トちゃんけんちゃんごきげんテレビまでの土曜8時はまさに聖域だった。当時の小学生は、ひょうきん族派とかとけん派に分断されていたが、僕は確実にかとけん派で、あのオープニングのプチドラマを見ると、今でも何か胸が熱くなる。

 新型コロナで人生の幕を下ろしたのはとても残念だけれども、それでも志村けんの人生は最高だったなと羨ましい。笑いで社会を照らし、お酒を楽しみ、幾人もの美女と浮名を流す。嫉妬要素満載なのに、それでいて誰にも嫌われず、愛されている稀有な存在だった。まさに国民的コメディアンだったのだろう。いろんな訃報ニュースが流れる中で、彼をお笑い芸人ではなくコメディアンと称したことも何か嬉しかった。純粋な笑いだけでは生き残れない今の芸能界の中で、志村けんはもしかしたら最後のコメディアンと言えるのかもしれない。新朝ドラのエールへの出演、山田洋二の新作キネマの神様の主演も決まり、コメディアンとしてだけでなく俳優としての彼の一面が見れるかもしれないときでのお別れは悲しいけど、それもまた運命なのだろうか。志村けんなら多分チャップリン植木等のような喜悲劇が似合う俳優としても大成したのだろうが、それは見果てぬ夢になってしまった(いかりや長介と重ねる人もいるが、個人的には志村はいかりやとは違うタイプの俳優になっとはずと思っている)。

 今日7時過ぎに家に帰ってから、アマプラで8時だよ全員集合をずっと流している。今のアラフォーの僕よりずっと若い30歳前後の志村けんがかろやかな動きで笑いを巻き起こしている。いかりや長介も元気で、加藤茶高木ブー仲本工事も若々しくてまぶしい。志村と加藤のヒゲダンスをみながら、涙が止まらなくなる。ヒゲダンスで泣いたのは当たり前だけど、人生で初めてだ。もやもやした心を抑えきれず、今日は8時だよを観ながら、眠れないのかもしれない;;