みとのひとりごと

30歳を過ぎてから上京したアラフォーの関西人。独身。人生いまだ考え中。昭和の残香がするすみっこが好き。

 衣食住+趣味の優先順位こそが、人生には欠かせない②

 前回に続き、衣食住+趣味の優先順位についてのオラの今のところの考え方をまとめていきたい。まず「衣」についてだが、40歳を過ぎて、ファッションにはだいぶこだわらずになり、着やすさにかなり重点を置いているが、でもなんとなくまだこだわってる部分もある、そんな感じだろうか。ただ店で買うことはもうほとんどなく、服を買うのはだいたいネットで、UNIQLOジーユーで80%以上。それにワールドオンライン、ゾゾ(中のビームス、シップスあたり)、アダストリアくらいだろうか。買う頻度は、春、夏、秋にだいたい1~2万円づづ、重衣料の多い冬に3、4万(たまに大きいものを買うと跳ね上がるが)で、年間合わせてせいぜい8~10万円くらいだろう。あんまり金をかけず、必要なものをなんとなく買っているだけの感じだ。ただそこまでダサいかっこをしたくないし、少しだけのこだわりもあるが、スタンドカラーシャツにジャケットを羽織りたいとか、そんくらいの緩いもの。

 実はオラは大阪時代には、ファッション系のメディアで働いていて、一時期ファッションの歴史から素材、製造、卸、小売り事情までけっこう勉強したんだよね。薄い知識で専門学校卒コンの審査委員とかもやってたんだわな;;今の生き方と思うと隔世の感だが早めにそんな業界から抜けれてよかったんだろうね今に思うと笑。まだ2000年代前半のアパレル御三家は、オンワード、ワールド、三陽商会で、今と比べると、その存在感はまだまだ半端なかった。当時はそのファッション業界の中でのステータスはUNIQLOより大きく上だった。オンワードはメンズ、レディースともに23区だとか自由区だとかなんとか区ブランドがまだまだ人気だったし、ワールドもスパークス構想という製造販売一体化施策でかなりの複数ブランドを展開。確かオゾック、INDIVI、メンズでもタケオキクチあたりは、売上100億円を超えて200億円近かったんじゃないかな。三陽商会は90年代後半からの安室奈美恵バーバリーブルーレーベル、ブラックレーベルブームの残滓がまだまだ続いていたし。2000年代も既にアパレル不況と言われていたが、今に比べると高い服もまだまだ売れていたし、2007年前後から数年のインポートジーンズブームのときは、5万円超えのジーンズをオラも買っていたもんな。それが今では、かつても御三家の存在感がどんどん消え、UNIQLOジーユーが圧倒的な存在感になってしまった。まず最初に厳しくなったのがワールドで、佐山展生に騙されて事業の迅速再編のためにとか言って、リーマンショック前にTOB上場廃止して、それでお金が回らなくなって、一気に厳しくなった。三陽商会は、2015年にバーバリーのライセンス契約が切れ、またたくまに業績が悪化した。オンワードは前の2社に比べたら落ち込みはまだ緩やかだったが、百貨店の衰退に合わせて厳しくなり、今では流通販路が分散されているワールドよりも厳しくなったのかもしれない。それに合わせてかどうか知らないがオラもどんどんファッションへの興味も薄れて、今に至っているわけだが、今後も薄れることはあっても、増すことはなく、生活の優先順位も低いままだろうね笑。

 そして最後に趣味だが、これが一番難しい問題だ。一番いいのは、勉強系を趣味にすることなんだろうけど、なかなかに難しい。資格や語学を趣味化しているクラスタは正直羨ましい、そこまでの情熱が持てないからね。またいつかブログに書こうと思っているんだが、独身男は年をとればとればよりオタク化していくことを余技なくされるんで、そこにフォーカスした勉強を探すのが一番いいんかな。ただオタク化と言ってもアニメやアイドルでなく、歴史や芸術がらみのこだわりが増す奴が多い気がする。オラも40歳過ぎてから歴史の流れや因果関係、こだわりがやたらと強くなり、昔は日本史、世界史を流れで知っていればいいと思っていたのだけど、今では、人類史、アメリカ史、ローマ史、イギリス史、オスマントルコ史などの今まで知らなかった地域の歴史の詳細も気になりだし、日本史でも、藩ごとの流れ、食品の歴史、砂糖、お酒の歴史など、今まで興味なかったつながりの歴史に気になってくるんだよね。そんな感じ。これ以上詳しく書くの疲れたんで、今回はこの辺で。また機会があれば独身オッサンのオタク化傾向についても、思考の整理として、一つの記事にまとめてみるつもりです。

衣食住+趣味の優先順位こそが、人生には欠かせない①

f:id:mitomito777:20211114123318j:plain

 最近、安いニッポンでのコスパ生活をどや顔でつぶやく奴が幅をきかせているが、個人的には全てを節約して生きる人生は、はっきり言ってコスパ最悪の人生だと思っている。もちろん節約自体を人生の目的にしているのなら、間違っている行為ではないが、全てを節約、コスパで割り切る人生ほど、むなしいものはないだろう。ただそうは言っても、生活の全てにお金を湯水のように使っていては、生活はすぐに破綻してしまう。

 というこで人生を楽しむのは、衣食住、そして趣味への人生の優先順位をちゃんとつけて、楽しく生きることが欠かせないだろう。ただここで問題なのは、人生の優先順位は人それぞれなのに、その優先順位にケチをつける輩が存在することだ。例えばオラが大嫌いなインデックス投資家は、今の人生のダサい節約を正当化して、将来のための積立投資を絶対正義のようにのたまい、それ以外の生活をする奴を「情弱」の一言で馬鹿にして議論を終える。ものすごくダサくて、関わりたくない。個人的には、惰性で生きている人間であっても、人生の優先順位をちゃんと定めて生きている人間こそが、どんな人生の優先順位であろうと尊敬に値する。人に迷惑をかけないことが前提だが、それさえ死守すれば、ギャンブルに全財産を費やしても、風俗や女関係に全財産をつぎこんでも、それは尊敬に値する。芸能人とは小説家、ユーチューバーになることを人生の目標に置くのも、覚悟さえあれば最高に賛成だ。実在するかは知らないがフェラーリを所有して、ボロワンルームに住む奴ももちろん尊敬だ。ただだいたいの一般人にはそんなことは無理だが、衣食住、そして趣味(生き方の軸)のどれかに生活の優先ウエイトを置くことで、人生は楽しくなると確信している。

 例えばオラの人生の衣食住の優先順位は、食 > 衣 >住の順番だろう。好きなもの、その時に食べたいものを食べることは、自分を尊重し、かわいがる生き方であり、人生を楽しくする一番の要素だと考えている。もちろんオラの考え方なので、それ以外も全然認めるのが前提だ。だから一カ月にぼっちの食費だけで20~30万円くらいかかって、エンゲル係数がえらく高くなってもそんなに気にしない。ただ幸運なことに、たまには1万円のステーキも食べたいが毎日は嫌で、吉野家やケンタッキー、ラーメンなどのジャンク食もかなり好きな体質、自分流の自炊するのも大好きなので、そんなに食費に使うことは不可能なのだが;;

 一方「住」に関しては、かなり出費を抑えていると思う。自分にとってだけ居心地よければ、別に住宅の見た目は考えず、住に関しては、居心地を重視しつつも、コスパを追求した考え方を徹底している。コロナ直後の2020年の1月に今住んでいる一軒家を東京23区内に購入したのだが、安さを基準にした選び方を徹底した。一応東京23区内の一軒家なのだが、中古住宅を1450万円で購入できて、100万円くらいかけてリフォームした。70㎡(1F13畳、2F6畳と8畳、なぜかトイレは2つ)ほどの一軒家にしてはかなり狭いが、ぼっちには十分な面積だ。ぼっちで一軒家を購入したのは、オラが高所恐怖症で閉所恐怖症でマンションでも1階か2階しか住みたくなかったので、一軒家を購入したわけだが。何故東京都内で中古住宅と言えどたった1500万円で買えたかと言うと、まず借地権住宅であることが大きい。借地権は所有権と違う月々に地代を払う必要があり、20年ごとに契約更新費用を払う必要がある。(新法借地権、旧法借地権でいろいろ条件は異なる)。その変わりに所有権に比べて70%ほどの価格で購入するこができる。ちなみオラの自宅周辺の坪単価は100万円強で20坪なので所有権だと2000万円以上かかるが、借地権ではその7割なので1500万円で購入でき、中古住宅部分は無料の計算となる。なお借地権として月1万3000円を払っているが、その代わりに固定資産税(土地分)を払わなくてもいいので、実質の負担額は全額15万6000円の半額負担になる。そして一括購入したので、オラは月1万3000円し払う今は必要がなく、ボロワンルームより圧倒的に安いコストで、東京23区内で住めているのだ。さらにオラは散歩好きのために河川敷近くに住むことを常に条件としているが、河川敷は洪水リスクがあると思われ、人気はあまりない。ただ実際は都市設計でかなりの安全性を確保しているので、危険度は河川敷の一軒家と駅前の一軒家のリスクはほぼ同じだ。ちなみ腐っても東京都内なので、普通の所有権で同様な面積の一軒家を近隣で新築で購入しようと思えば、4000~4500万円が相場だ。オラの優先順位ではありえない設定だろう。近年はやっているボロ家一軒家投資と同じロジックで投資しているが、近所の同じ規模の一軒家の賃料は12万円前後なんで、出口戦略も一応ある。まぁ一応ずっと住み続けるつもりなんで、そこは今はあまり考えていないが。

 なお、衣服と趣味についてのも、オラ的思考をまとめようと思ったのだが、ここまでで長くなり過ぎたので、2回に分けて書くことにしたい。

 

ヤケクソ・ジャパン。

f:id:mitomito777:20211020195506j:plain

 10月31日の衆議院総選挙が決まったが、ここ数年の日本の劣化がびっくりするほど激しい。団塊の世代が、氷河期世代が、ゆとり世代、若者が…とある特定の世代が劣ってるのならまだしも、はっきり言って今の日本は全ての世代での日本が劣化し、オワコン化しているようで、もうどうしようもない。そして多くの日本人が、もちろん僕も含めてちゃんと理解せず、現実を全く把握していない、世の中にうすら寒い。

 失われた30年を議論する人間は多いが、日本が1945年から90年までの45年間に世界で圧倒的な成長を遂げた背景に、ものすごいラッキーパンチ様相があったことを、ちゃんと認識している日本人は少ない。日本人が真面目だっから、みんなが一生懸命がんばったから、ものづくり力がすごかったから、とか今でもすらどや顔でいう、時代遅れの老人世代はまだまだ多い。一方でもう中年の氷河期世代も、俺らは被害者面して、全てを前の世代に押し付ける風潮が目立つ。もしくはホリエモンひろゆき、前澤あたりのように、自分のイレギュラーのラッキー体験とお金を基準としか物事を考えられない発言でいっぱいだ。

 日本が戦後大成長を遂げたのは、▽日ソ冷戦での底上げ、▽アメリカ経済の停滞(アメリカは1970年代までは今の日本以上に終身雇用であり、それが経済成長を阻害していた)、▽中国と社会主義陣営の自爆による生産力、労働力不足、▽戦後日本人の人口ボーナスによる経済成長ーーなど自助努力でない外的要因によるラッキーパンチ的な成長が大きい。もしこれらの要因がなかったら、日本は中国を一度追い越すこともなく、後塵にはいし続けて続けていただろう。

 ちなみに今世の中の多くが信仰する資本主義教は、せいぜい1700年代後半のイギリスからの産業革命後の250年程度に過ぎない。大航海時代からのヨーロッパの世界征服を含めても、わずか500年だ。そもそもアメリカなんて国としてイギリスから独立してまだわずか250年弱であり、日本なんて明治維新から近代化してまだ150年少しだ。ちなみに大航海時代の前は、中国、アラブが世界の中心であり、世界のGDPの8割を占めており、ヨーロッパは世界の辺境で、世界のGDPの1割足らずだった。

 中国の近代化なんて、鄧小平からの1980年代後半からわずか30数年、それでここまで中国は成長してきた。アメリカはイギリス、オランダなど欧州から入植地から、独立をはたし、プロテスタント的楽観力とともに、成長を遂げた。ニューヨークなんとイギリスの植民地になる前はオランダの植民地でニューアムステルダムって地名だったからね。エラそうな顔をしているが、ニュー浅草的な短絡的な歴史の街なんだよ笑。猫も杓子も取り込んで成長した国がアメリカであり、それがこれからもアメリカの底力だろう笑。そして、ただ今後もいろいろと文句はあるだろうが、アメリカと中国の時代が続くことは間違いないだろう。日本はその中で、どうおこぼれをもらうかしか、生き残るための前向きな可能性はないだろう。

 単純に日本は、バブル崩壊後が失敗なのでなく、戦後の45年間にラッキーだったからに過ぎない。バブル後の30年の没落はラッキーが消えた当たり前に過ぎない。今後日本が浮かび上がることは100年近くは多分ないだろう。もし日本が浮かび上がる可能性があるとしたら、今の20代以上の世代が一巡して人口年代バランスの負の遺産がなくなった100年後だが、逆に言うとムコウ100年は落ち目が続くことは確実だということだ。その間に、団塊老人世代切り捨て、氷河期世代切り捨て的な切り捨て戦争でも起これば話は別だが、今、冷静に将来を読み、そんな過激なことをできるまっとうな政治家は存在しない。それに世の中も許さない。これからの日本の行く末は、ヤケクソ・ジャパンだなとふと思った。そんなわけで、ヤケクソならヤケクソ的に、無差別殺人なんかではなく、やりたいよーに適当に彷徨し、なくなるお金をインデックス宗教に投資なんてせず、ホームレス的に素直に生きたいと思う次第。ヤケクソ・ジャパン万歳だな笑。

 

善意ビジネスへの耐えられないダンピング感

news.yahoo.co.jp

 

 ネットで、儲けは度外視で、地元地域のふれあいのために、”1本30円のみたらし団子”を販売する60代の元教師の女性の善意ビジネスが、プチ炎上している。

 東海テレビで8月下旬に放映されたニュースなのだが、愛知県一宮市で、学校教員を退職した60代女性が”1本30円のみたらし団子”の店を今年3月に開店。通常の店では1本100円以上する本格的なみたらし団子が30円で買えるとあり、地元客に評判を呼び、1人1000本以上売れる人気店となっているという。

 だが問題はその先で、そのみたらし団子の仕入れは30円であるようで、確実に採算は度外視。さらに女性が店舗でみたらし団子を作るだけでなく、旦那さんも周囲の交通誘導などを行い、商売に協力。まさに善意の手弁当で、地域のために商売を行っているというのだ。一見美談に聞こえる話なのだが、ネットのプチ炎上の原因は、この採算度外視の、善意、趣味感の強いビジネスモデルにある。年金暮らしで、かつある程度資産も持つ60代以上が趣味で開く飲食業は、周囲の飲食業にとって適正ビジネスへの競争妨害に他ならない。この店舗の周辺にみたらし団子や和菓子屋などがあるかは知らないが、周辺の店が、この”1本30円のみたらし団子”に勝てる見込みは全くない。味、見ためなどの価格要因以外で勝てる要素があればまた別だが、同じようなみたらし団子を売っている店は、絶対にこの店に太刀打ちできない。まさに”善意というダンピング”というビジネスモデルとなっており、それが一部ネットでプチ炎上しているのだ。

 これと同じ構造の事例が、日本人の平均賃金が上昇しない背景にもある。日本がバブル崩壊からいまだ立ち直れず、特に賃金面では30前とほぼ同じ水準だ。同期間に米国、欧州などでは平均賃金が1・5倍~2倍上昇していることを考えると、その差は歴然だ。特に米国と英国はの上昇幅は2倍近い。この原因はいろいろな要素が絡み合っているだろうが、その一因として高齢者が善意、趣味意識を持ち、安い賃金体系で労働市場に参入していることも大きい。高齢者にとって、働くことは生活のための収入面の確保もある一方で、それなりの年金受給を受けている高齢者にとっては、働くという生きがい=善意、趣味的な要因も強い。そのため雇用側は善意、趣味意識に甘え、高齢者の賃金を低く抑えることができ、それに合わせて一般賃金も設定し、賃金上昇は抑えられているのだ。

 こうした流れは日本の高齢化が本格してきた2000年以降に特に加速しているが、それはまさに年金だけで暮らせる高齢者の悪意のない善意、趣味ビジネスの増加が、その間の日本の賃金上昇の停滞につながっていることを彷彿とさせる。さらに2010年代以降には、この高齢者雇用にアジアからの技能実習生への搾取型の外国人雇用も本格化し、日本の賃金上昇は今も抑えられている。政府は最低賃金アップなど多くの施策で日本国民の収入アップを図り、格差是正に取り組んでいる努力は分かる。だがその一方で高齢者が善意、趣味で低賃金で働いてしまっている人が減らない限り、知らず知らずのうちに日本の一般労働者の賃金は低く押さえつけられ、安いニッポンからいつまでも抜け出せない。ただそうは言っても働くことが生きがいな高齢者に、「安く働くな」とももちろん強制もできない。なかなかに難しい問題なんだろうな。