みとのひとりごと

30歳を過ぎてから上京したアラフォーの関西人。独身。人生いまだ考え中。昭和の残香がするすみっこが好き。

大分県杵築市の激安ゴミファイアー組はグローバル経済の勝ち組。

 身もふたもない話で恐縮なのだが、経済がグローバル化する中での資本主義の勝ち組は、他国、他企業、他人に損(リスク)を押し付け、自分がリターンだけを享受することができた国であり、企業であり人物だ。1980年代までまだソ連、中国が社会主義として世界の2極化する中で、社会主義国の住んでいるというだけで個人の本質的な実力には関わらず損失していたが、社会主義が崩壊して30年。世界が資本主義に乗っかる中で、いかに自分がより得をするかが、世界経済の本質となってしまった。その中で各国はなりふりかまわず自分だけが得をするように動き、例えば中国は世界の工場として安い労働力を武器に銭ゲバ企業を誘致して今ははしごを外したのは周知の事実だが、その一方でITインフラの独占にはこだわり抜き、グーグル、アマゾン、フェイスブックをはじめITインフラ企業を締め出した。そして彼らを締め出したことでアリババ、テンセント、バイドゥ、ファーウェイなどの企業が生まれ、中国のITインフラを生み出すに至った。銭ゲバ中国に世界が踊らさせ、特に日本は利用させまくり、日本は失われた30年を実現すらしてしまった。悲しい。企業レベルではこんなことは日常茶飯事のカオスで、業界のためとい言いながら、自分たちのことしかみてない企業が大半なことは周知の事実。昨今ごり押しのSDGsに至っては、参加料を高額にしたインナーサークルパーティの様相しか感じられず、気持ち悪さしかない。

 閑話休題。話が脱線しすぎたが、今回書きたいのは、家賃1万円で小奇麗なワンルームに住めることから、激安ゴミファイヤー組が次々と移住している、大分県杵築市への失策というか運の悪さへの同情だ。町ぐるみでソニー東芝、キャノンと大手メーカーの大型工場を40年前から積極的に誘致し、一時はかなりうるおっていた同市。一時は地方都市の在り方モデルみたいな扱いもされた同市だが、リーマンショック後の2009年に大分キャノンが工場を大幅に縮小、海外生産に大幅シフトしたことで、同市の賃貸マンション界隈とっては、地獄の様相となった。工場への派遣労働者を狙い、同市には、田んぼをつぶして上物をローンをこさえた家賃4万円前後のワンルームマンションが乱立したが、キャノンの撤退で家賃相場は大下落。数年前からは家賃1万円前後が、同市のワンルームマンションの相場となってしまった。合掌。

 そしてそこに目につけたのが、激安ゴミファイヤーをもくろむ30代前後の若者層で、人生よよよ氏をはじめ、まさにうんこ製造機的な連中が、安さのみを目的に都築市に集まった。家賃1万円にガスすらひかず部屋にテントを置く彼らのライフスタイルでは、月3~5万円での生活が可能。逆算するとただ生きるだけならアフィリエイトや2000万円程度の資産の配当収入でも生活は可能だ。これに被害を受けているのが、まず元農家の大家で、土地はただとは言え上物はローンを組んでおり、家賃1万円の借り主がいくら増えても焼け石に水で、家賃1万円で満室でも圧倒的に赤字だろう(もし家賃4万円で8%ほどのリターンを見込んでいたのなら、2・5万円ぐらで満室ならやっとトントンになる気がする)。ただ家賃1万円もないよりましなので、彼らは1万円でもアパートを貸し続けないといけない地獄が続く。都築市も被害者だろう。いくら一万円家賃の若者が増えようと、彼らは同市で働くこともせず税金も納めず、図書館か公共施設などの市民インフラをただで活用するだけ。同市にとって何も提供せず、同市の社会インフラへのフリーライダーでしかない。

 一方で激安ゴミファイヤー組に視点を移すと、彼らはまさにグローバル経済の勝ち組の一員だと言える。本人たちが自覚しているかしてないかは、しらんが。グローバル経済の間接被害を受けた農家大家の損失を最大限に活用し、普通に暮らすには得ることができないほどの生活リターンを得ている。別にうらやましくないが、意外とこういうニッチなグローバル経済で買ったわけでなく、グローバル経済の負け組要素につけこみ、生き血を吸っている無自覚層も少なくない。まぁ都築市の農家大家の自業自得なだけでもあるのだが。グローバル経済で勝つなんてことを目指さず、負けた人間の損につけこも、それを最大限に生暖かく活用するのも一つの生き方だと思った次第。とりあえず今のオレは絶対にやりたくはないけどね。

自分の中の軸と拠り所。

 最近日々もやもやしていて気分が晴れない。年を重ねるにつれて、自分の何かが薄くなるようで、不安感が増す。子供の頃によく「自分の中に軸を持て」と言われた。正論だ。2ちゃんねるのコピペでよく使われた例えのように、大きなツボに始めに石を入れて、次に砂利を入れて、次に砂を入れて、最後に水を入れるような、正論だ。先に人生の軸=大きな石を入れてからまずは人生を動きださないと、後からでは自分の人生というツボに、自分の軸を入れることはできない。まさに正論だが、40代の今の自分には絵空事のようにしか映らない。人生の軸とはとてもポジティブなもので、自分の生きる意味でもある。絶対芸能人になってやるとか、小説家になってやるとか、プロ野球選手になってやるとか、全て人生の軸=目標だ。そして目標があればある限り、人は前向きに生きていける。だが現実はそれを失ったその先の人生の方が圧倒的に長い。

 自分の目標、夢に破れた後に、自分の軸がなくなった後にどうするのか。そこでよりかかるのが、人生の拠り所だ。人生の軸と違って、拠り所はとても薄くはかないものだ。自分が生きている意味を、子供や妻を守るだろか、ささいな趣味に喜びを見出すとか、資格試験や語学学習にこだわるだとか、株式投資や金に価値を見出すとか、どの拠り所はとてもはかない。それはたまたまそこにあるもので、そこに自分がいなくてもどうにかなるのだが、それがあるからいけていけると思い込めるのが、拠り所だろう。いくらダサいことでも拠り所を持てる人間が羨ましい。世の中を舎に構えてしまう自分には、なかなかにそれが難しいから;;どんだけ世の中が科学的になっても宗教がなくならなず、明らかに馬鹿な詐欺に騙される人が後を絶たないのは、それを拠り所として必要とする人がいるからに、他ならない。どんだけ馬鹿バカしくても拠り所を持っている人間は勝ち組なんだろうな。

 北京五輪のフィギュアのドタバタ劇をみながら、自分の中の軸だったものが崩れ落ち、拠り所も分からなくなるような、ロシアの15歳のフィギュアスケート選手の絶望も頭によぎりながら、そんなことをふと考えている。もちろん答えはでるわけもない。

 

40歳過ぎたら暇で孤独になってくるぼっち男は、一体どうしたらいいのか。

 しかし40歳を過ぎてからのぼっち男の孤独感は年々強くなってくると実感している。かあちゃんが亡くなってある種の拠り所が消えたこともあり、その思いが一段と加速してしまっている。当たり前のことなんだけど、独身というのは新しい経験値を得る機会がかなり制限されることになる。とりあえず結婚して子供がいるだけで(それが嫌なので独身でいるのだが;;)、良くも悪くも今まで経験したことないことがある。40代前半なら子供の小学生が中学生が多い世帯が大半だろうし、日々に追われており、孤独を感じている暇もないだろう。ぼっち独身男にはそれが全くなく、かといって、もう40年以上生きているだけで、だいたいの人間が新しい趣味なんか持てるわけもなく、惰性の毎日を繰り返してしまう。日々に目新しいことがなく、毎日がマンネリの繰り返しの人は、40歳過ぎのぼっち男の大半だろう。金があるかないかはあんまり関係なく、そうだろうな。(ただ大金があれば、歩いて世界一周とか宇宙旅行とかで少しの刺激を得られることも可能性だが…)

 さらにもう一つ大きいことが、だいたいの男は40過ぎると、偏屈度合いがまし、心がかなり狭くなってくるのだ。これは独身の方が顕著だが、結婚している男も差はあれ、偏屈度の増加は、あんまり変わらない気がしている。そんな偏屈度の加速で、それまで惰性で付き合っていた人間とも、しんどくて付き合う気にもなくなってくることも少なくない。自分との価値観が違い過ぎるしょーもない人間と、仕事でもないのに話すのは本当に苦痛になってくるのだ。それがお互いに起こる40男同士なので、これは加速せざる得ない。この傾向は35歳から顕著になってくるが、40歳を過ぎるとさらに個人的に付き合う人間の好き嫌いが加速してしまうのだ(仕事上ではいい顔ができるのだが)。女性がいくつになっても友達ができるのに、男がおっさんになると友達ができないのは、この偏屈性の加速が一番の問題だろう。子供の頃からの友達が40前後で全くいないおっさんは、都会にはかなり増えてくる気もする。さらに年を重ね、定年退職を迎えたおっさんが仕事関係がなくなると、友達がいないことに気づき、おくさんの行く先々につきまとう「わしも族」がいつまでたっても減らないのは、こういうおっさんならではの永遠の課題だろう。だたこうした友達いない事実をなかなか認められないのも、40歳過ぎの独身おっさんの問題なんだろうね。

 なんとなく呟いてみたが、もちろん答えは見つからないのだが。一人で資格だとか語学だとかに薄い価値を見出せる人間になれたら楽なのだが、個人的はそうしたタイプでもでもないので難しい。まぁこれまで経験していなかった、新しい趣味でも見つけるかなとのありきたりアイデアしかないのだろうけど。

 

かあちゃんへのちょっとだけ遅い手紙。

f:id:mitomito777:20211227211438j:plain

 かあちゃんが12月22日に、亡くなった。70歳だった。もっと悲しい想いをしている人は多いだろうけども、オレにとっては、ちょっと早かった別れだった。

一緒に長野・安曇野で住んでる弟から朝10時過ぎに泣きながらの電話があり、そこから一回家に戻り、とりあえず喪服といくばくかの生活用品だけを持って実家に向かった。安曇野はけっこう遠く、実家には18時過ぎに着いた。自宅で対面したかあちゃんは安らかな顔をしていて、何かとても現実感がなかった。かあちゃんに脳腫瘍が見つかったのは去年の11月だった。それまで健康過ぎるくらい健康で、それまで病気らしい病気したことないかあちゃんで、ばあちゃんが今も95歳で元気なことから、全く心配してなかったんだけど、突然おかしな言葉を発するようになり、病院に行くと脳腫瘍が発見され、緊急入院。2日後に手術が行われた。手術は12時間に及んだが、術後の経過は悪くなく、1カ月以上の入院となったが、12月中旬には退院できた。

 でも今年の正月はコロナ感染の拡大がひど過ぎて、病み上がりのかあちゃんにコロナをうつす可能性が怖くて、帰省できなかった。退院後のかあちゃんとの電話で元気な声を聞いたことも安心につながり、帰省しなかった。その後帰省したのは、4月の桜の季節だった。松本城に家族に行ったんだけど、その頃のかあちゃんは少しトンチンカンなことを言う時もあったが、健康に見えてまだ安心していた。その後6月、9月、10月、11月とコロナ禍の中で帰省しにくい状況だったんだけど、なんとかタイミングを見つけて実家に帰省したが、帰るたびにかあちゃんの具合は悪くなっていた。10月に帰省したときには一緒にトランプのババ抜きをしようとしたがルールが分からずできず、寂しかった。そして10月の帰省時に一緒に散歩している時に、脳腫瘍からのてんかんで散歩中に倒れ、救急車に運ばれた。その後かあちゃんの容体は一気に悪くなり、11月前半に帰省した時は、た自分で満足に食事できない状態になっていた。でもその後すぐにかあちゃんはまた入院し、12月14日に実家に帰ってきて、25日には実家に帰ってかあちゃんと過ごそうと思った矢先でのお別れとなった。かあちゃんは50代後半に安曇野に移住したんだけど、地元の友達は多く、コーラス仲間や地元の友達がたくさん来てくれ、時間はほとんどなかったんだけど、オレの知らなかったかあちゃんとの想い出エピソードを聞かせてくれて、嬉しかったよ、ほんと。

 かあちゃんのこと、ほんと大好きだったな。男はみんなマザコンと言われるが、オレもマザコンだったんだろうな、これまでそんなに深く自覚したことはなかったのだけど。かあちゃん美大卒で、絵とパットワークと、歌(コーラス)と、仲間との時間と笑顔を大切する気のいい人だったな。偏屈で理論家のオレ(多分とうちゃん似…)には羨ましい人間で、そして毎日をとても楽しんでいた。オレの生き方も自由にさせてくれ、大学を累計3年間休学して、自転車で日本一周するだとか、世界を放浪して一周するだとかの中2病的なオレのわがままを笑い飛ばして許してくれた、感謝しかない。最初に就職した時も26歳だったし、その後もライター系の浮世草的な仕事をけっこう点々としてきたオレに文句も言わず、ミドフォーの今まで独身だったオレにも愚痴一つ言わなかったしね。かあちゃんと離れて暮らしてからも、大阪に住んでた時も東京に住んでた時もたまに遊びに来てくれて、一緒に東京タワーに歩いて登るだとか、いろいろな美術館に行くとかミュージカル観に行くとか、けっこう一緒に遊んだね。ちなみにかあちゃんは池袋の岡本太郎美術館が好きだったんだよね笑。

 かあちゃん筆まめで絵葉書が大好きな人間で、ことあるごとイラストを書いた絵葉書を送ってきてくれていた。筆不精はオレはなかなかかあちゃんに葉書を返すことはできなかったんだけど、かあちゃんの絵葉書の優しいイラストに救われたことも少なくなかった。ありがとうな、かあちゃん。葉書じゃないけど、このブログの文書をかあちゃんへの久しぶりの葉書の返信としていいよね。少し遅くなったけど、それぐらい優しいかあちゃんなら、許してくれるだろう、多分。実家に飾ってあったかあちゃんの絵、イラストを見て、そして今家に戻ってからも、かあちゃんの送ってきてくれた絵葉書を見返している。かあちゃんの優しいイラストに、かあちゃんはこれまでの毎日の暮らし丁寧に楽しんできたんだなと、少し嬉しくなり、かあちゃんを亡くした気持ちが少しだけ軽くなった。なんとなく実家の一角に、かあちゃんの仏壇の近くにでもかあちゃんお絵葉書やイラストを集めたかあちゃんの作品展でも作ろうと今考えていて、今日ダイソーでいろいろと資材を買ってきて、かあちゃんの作品展のための準備を今日かから始めている。かあちゃんの絵に触れれば触れるほどに、かあちゃんの優しい気持ちにも改めて感じられて、今かあちゃんと別れた悲しみも少しは癒されている。「親ガチャ」という言葉はあんまり好きでないけど、昔は不満もあったけど、俺は無条件に「親ガチャ」では当たりだったと思ってるよ、かあちゃん。うん。おれ、かあちゃんの子どもで良かったよ、ほんとに。

 上から目線で申し訳ないが、これを読んでいる不特定な読者さんへ。今あなたのかあちゃんが元気でも、別れはほんと突然来るかもしれない。今このときのかあちゃんの時間を、ささいな一緒な幸せな時間を少しだけでもかみしても過ごしてほしい。それがいつかは大切な想い出になるか。最後に、これまで、ありがとうかあちゃん。でも、これからもずっと見守っていてね。オレと一緒に、まだかあちゃんの物語も続いているからね笑。

f:id:mitomito777:20211227211719j:plain