みとのひとりごと

30歳を過ぎてから上京したアラフォーの関西人。独身。人生いまだ考え中。昭和の残香がするすみっこが好き。

2016-10-22から1日間の記事一覧

心の贅肉

「彼のおかげで、自分の贅肉の付き具合を感じた」。 見城徹は、著書「編集者という病い」の中で、尾崎豊の自殺とその後の自分の意思の変化などを語りながら、こんな言葉をつぶやいている。 見城は、角川時代、尾崎豊のアルバム「BIRTH」に携わり、一時…