みとのひとりごと

30歳を過ぎてから上京したアラフォーの関西人。独身。人生いまだ考え中。昭和の残香がするすみっこが好き。

新型コロナは地球環境にやさしいな。


f:id:mitomito777:20210101195428j:plain

 正月に実家に帰らなかったというかコロナで帰りずらかったので、新年は久々に東京の自宅で迎えた。それもなんだか冬休みの連日のアルコール暴飲で胸焼けが激しく、酒すらまとめに飲めない状況での若干不愉快な気分での新年。大晦日には馴染みの居酒屋にでも行こうと思ってたのだが、30日は行ったしまぁいいかなと思い、胸焼けで大晦日に行くのを断念。はじめ紅白を見ていたのだが、あまりのつまらなさにネットフリックスでバギのアニメをだらだら見ながら、新年を迎えてしまった。しかし本当に年始年末感がない新年だな。コロナでなんとなく自粛オーラが散漫していて、ぼっちで大きな神社に初詣に行く気にもなれず、いつのまにか新年を迎えてしまった。

 なんとなく早めに目覚めて、かつすることがないので、元旦の10時過ぎから、江戸川河川敷を毎日と同じコースを普通に散歩。あまり人はいない。新型コロナが流行りだしてから東京都内の空気は徐々に澄みはじめ、最近ではかなりの透明感になってきたなと、改めて実感する。雲の境界線が見える澄んだ青空で、さらには東京タワーの横には富士山さえ見える元旦。少しだけ気分がよくなった。だらだらと「サピエンス全史」をアマゾンオーディオで聞きながらら、のんびり散歩する。(最近はユーチューブの騒音が耐えられなくなり、もっぱらアマゾンオーディブルを聞きながら散歩している)。

 しかしコロナに世界中が振り回された一年だったが、コロナで自粛が浸透したことで、街中の景況感は置いていて、地球環境には優しい一年だったんだろうな。去年と比べても晴天時の空気の澄感が、最近半端でない。冬はそもそも空気は乾燥して澄んでいるのだけど、最近の澄感はなんかすごいなと、感動すら覚えている。長野なんかとの比べてもそん色ない感じかも。コロナからの一年間の経済自粛で地球に放出された昨年のCO2や有害排気ガスの量はものすごく減っているのは間違いないだろう。国や経済学者はあまり言わないだろうが、地球環境を改善して、地球寿命を延命するには、ホモ・サピエンスが今回のコロナ騒動程度のそれなりの自粛を続けるだけで、大丈夫なのかもしれない。ESGやSDGsなんてややこしい目標を立てなくても、ただただ今回のコロナ騒動くらいの自粛が定期的にできていれば、地球環境は今後も守れるのではないか。そんなことを考えながら散歩。ついでに善養寺で初詣もして、帰路についた。

 なおあまりに暇なので、朝だけでなく夕方も江戸川河川敷を散歩する元旦。そして朝だけでもなく、夕焼けの背景にも富士山のシルエットがくっきりの江戸川の河川敷。夕暮れの江戸川から富士山を見たのは初めてなので、肌寒さの中で少しだけテンションが上がったりも。しかし今年は新年のテレビ特番も見る気しないが、そんな人も最近はずいぶん増えているんだろうな。そんなこんなでなんのメリハリもない元旦だったが、こんな元旦もたまにはいいかなと思い返しつつ、このブログをなんとなく書いてみた。

 

f:id:mitomito777:20210101200208j:plain

 

f:id:mitomito777:20210101202105j:plain