みとのひとりごと

30歳を過ぎてから上京したアラフォーの関西人。独身。人生いまだ考え中。昭和の残香がするすみっこが好き。

最近の人生のとりとめもない感想。

 最近の暑さもあって、まるでやる気がない。8月前半にいろいろ仕事の予定もあったのだが、諸事情で8月後半に先送りになってしまって、足元は特に暇だったりした。日に日にマンネリ感が募るのだけれど、その解決策も浮かんでこない。暇つぶしのアイデアを考えてみるのだけど、40数年も生きていると、これまで試してきてあまり盛り上がらなかったアイデアばかりで、試すための新しい一歩も出ない。完全に人生が行き止まっている感だ。考えると30代の行き止まり感と40代の行き止まり感は違うな。30代の時は、他人とのどうしようもない比較にぐちゃぐちゃ悩んでもしたし、悩みの先に何か道が開けるんじゃないのかという、そんな淡い期待もまだかろうじてあった。30代前半から後半にかけてその感じは徐々に薄れ、40代に入って、さらに先の道に期待する感じもさらに薄れてきた。結婚して子供でもいたらこの感じが子供の将来の期待に向かうのだが、子供がいないのでそのステージには行けない。今更そのステージに行く勇気もない。今更結婚して隣によく知らないおばさんがいる暮らしには耐えられそうにないので、資産が10億円くらいあって8LDKの家にでも住まい限り、結婚するのはしんどいという感想、性格が怠け者には結婚ハードルももやたらと高い。モテるとかモテないじゃなくて、めんどさくないかどうかが人生の判断基準になりつつある年頃。

 かと言って最近セミリタイヤ族に対しては憧れもないし、どちらかというと気持ち悪さの方が強い。セミリタイヤしてぬるく世界一周だとか、歩いて日本一周だとか、少しだけやりたいこともあるが、そこまで今すぐしたいテンションもない。40代は先が見えているようで、まだまだ先が長いという微妙な感じもある。職場でも立場がえらくなり、仕事もそんなに嫌でもないも、なんとなく前に進めない大きな要素。現状に流されてしまっているとしか言えない。

 株で資産を作るのも停滞して、うまくいかない。コロナ禍2年弱の相場で7000万円強負けて、今の資産は数千万円しかない。振り返ると、リーマンショックの前、ライブドアショックの前から居た人間も大負けしていたと感じた。当時の2番底相場を考えると確実のコロナ初動の底練りは空売り浴びせバイアスがあったんだけど、今回はそこの空売りが、地獄の入り口になった人も多い。リーマンショック後参入したビギナー族は、そんなバイアスを想像もせず大儲けできたんだけど、それもまた相場。相場は繰り返すようで繰り返さなないのもまた相場。株で大勝ちするたった一つの理由は、人の流されないことなんだけど、ただ今のネット社会では人に影響されないというのは、世界中どこに行っても難しい。自分もこれまでの相場歴20年強で、10倍株を仕込み当てたことは2度あったが、まぁ今からその握り力と自信を取り戻すのも難しい。

 8月14日から8日くらい九州旅行に行く航空券を取ってしまった。8月14日に鹿児島インで21日に長崎アウト。鹿児島の旅館2泊は予約しているが、その他のルートは未知数なんで、1か所の滞在を多くまったり型にしようかなと考え中。旅行行くまでにテンションを上げないとな。飛行機をキャンセルしてまで行かないという選択肢はさすがにないので。とりあえず桜島には噴火で行けないだろうし、早めに別府温泉でも行って、のんびりしようかなとか、テキトーに考え中。まぁこれからもだらだらと過ごしていくしかかいのだろうかね、しかし。