みとのひとりごと

30歳を過ぎてから上京したアラフォーの関西人。独身。人生いまだ考え中。昭和の残香がするすみっこが好き。

いつの間にかデジカメ市場も変わったんだね。

 

 会社で必要になったので、多分6、7年ぶりにデジカメを新しく購入した。かなり久々のデジカメ購入だったんだけど、デジカメをめぐるここ何年かの市場変化に驚愕した次第。秋葉原ヨドバシカメラビックカメラと大型家電店のデジカメ売場に久しぶりに行ったんだけど、そこでの品ぞろえが激変していた。売場に並んでいるのは一眼レフなかりで、コンパクトタイプのデジカメの取り扱いがほぼ皆無だったのだ。考えてみれば6,7年前は、まだ今ほどはスマホカメラが定着していなかった気がするが、その後のスマホカメラの大幅な高性能化で、当時1-2万円のコンパクトデジカメより今のスマホの方が完全に性能が上になった。デジカメを買うにしても一眼レフで、プリントした際の色質を気にする人間以外は、スマホカメラに移行してしまったんだなしかし。

 大型家電店ではデジカメを買わず、その後ネットでデジカメを調べたんだけど、コンパクトデジカメは全然新製品も発売しておらず、そこでも時間が止まっていた。売上トップ10の商品ですら、だいたい2015年~17年までのそれこそ6、7年前までの発売が主力中心で、それが今も売れ筋(まぁ逆に全部売れていないとも言えるのだが)。メーカーもコンパクトデジカメの展開にいかに力を入れなくなったことを再確認した次第。6,7年前は前のデジカメを買った時期だったんだが、まさにその頃で、コンパクトデジカメの進化は止まったんだなと、まさに納得。考えてみればオレも、その頃から完全にプライべーでは、スマホでしかほとんど写真撮らなくなってたしね。デジカメのめぐる移り変わりはまぁ残酷ですなー;;

 結局、コンパクトタイプのデジカメは買わず、コンパクトよりは新製品がまだあるコンデジで、見た目も一眼レフに近いNIKONのクールピクスB6000を購入した。アマゾンで4万3000円。光学60倍ズームの割に、そこそこ安かったのでコスパはいいかなと思う。500gと普通のコンパクトデジカメの倍以上の重さだが、まぁそこまでデジカメを使う機会も減ったから、まぁいいかなと。まだ使っていないんだけど、そのうち暇なら使用評価も書いてみるかもしれない。