みとのひとりごと

30歳を過ぎてから上京したアラフォーの関西人。独身。人生いまだ考え中。昭和の残香がするすみっこが好き。

善意ビジネスへの耐えられないダンピング感

news.yahoo.co.jp

 

 ネットで、儲けは度外視で、地元地域のふれあいのために、”1本30円のみたらし団子”を販売する60代の元教師の女性の善意ビジネスが、プチ炎上している。

 東海テレビで8月下旬に放映されたニュースなのだが、愛知県一宮市で、学校教員を退職した60代女性が”1本30円のみたらし団子”の店を今年3月に開店。通常の店では1本100円以上する本格的なみたらし団子が30円で買えるとあり、地元客に評判を呼び、1人1000本以上売れる人気店となっているという。

 だが問題はその先で、そのみたらし団子の仕入れは30円であるようで、確実に採算は度外視。さらに女性が店舗でみたらし団子を作るだけでなく、旦那さんも周囲の交通誘導などを行い、商売に協力。まさに善意の手弁当で、地域のために商売を行っているというのだ。一見美談に聞こえる話なのだが、ネットのプチ炎上の原因は、この採算度外視の、善意、趣味感の強いビジネスモデルにある。年金暮らしで、かつある程度資産も持つ60代以上が趣味で開く飲食業は、周囲の飲食業にとって適正ビジネスへの競争妨害に他ならない。この店舗の周辺にみたらし団子や和菓子屋などがあるかは知らないが、周辺の店が、この”1本30円のみたらし団子”に勝てる見込みは全くない。味、見ためなどの価格要因以外で勝てる要素があればまた別だが、同じようなみたらし団子を売っている店は、絶対にこの店に太刀打ちできない。まさに”善意というダンピング”というビジネスモデルとなっており、それが一部ネットでプチ炎上しているのだ。

 これと同じ構造の事例が、日本人の平均賃金が上昇しない背景にもある。日本がバブル崩壊からいまだ立ち直れず、特に賃金面では30前とほぼ同じ水準だ。同期間に米国、欧州などでは平均賃金が1・5倍~2倍上昇していることを考えると、その差は歴然だ。特に米国と英国はの上昇幅は2倍近い。この原因はいろいろな要素が絡み合っているだろうが、その一因として高齢者が善意、趣味意識を持ち、安い賃金体系で労働市場に参入していることも大きい。高齢者にとって、働くことは生活のための収入面の確保もある一方で、それなりの年金受給を受けている高齢者にとっては、働くという生きがい=善意、趣味的な要因も強い。そのため雇用側は善意、趣味意識に甘え、高齢者の賃金を低く抑えることができ、それに合わせて一般賃金も設定し、賃金上昇は抑えられているのだ。

 こうした流れは日本の高齢化が本格してきた2000年以降に特に加速しているが、それはまさに年金だけで暮らせる高齢者の悪意のない善意、趣味ビジネスの増加が、その間の日本の賃金上昇の停滞につながっていることを彷彿とさせる。さらに2010年代以降には、この高齢者雇用にアジアからの技能実習生への搾取型の外国人雇用も本格化し、日本の賃金上昇は今も抑えられている。政府は最低賃金アップなど多くの施策で日本国民の収入アップを図り、格差是正に取り組んでいる努力は分かる。だがその一方で高齢者が善意、趣味で低賃金で働いてしまっている人が減らない限り、知らず知らずのうちに日本の一般労働者の賃金は低く押さえつけられ、安いニッポンからいつまでも抜け出せない。ただそうは言っても働くことが生きがいな高齢者に、「安く働くな」とももちろん強制もできない。なかなかに難しい問題なんだろうな。

 

「 おかえりモネ」には「ドジっ子感」が足りない。

 

f:id:mitomito777:20210822112329j:plain

  NHKの朝ドラ「おかえりモネ」が始まって既に中盤を超えているが、全く面白くないので、その理由をなんとなく考えてみた。基本NHKの朝ドラは、明治~昭和を舞台にヒロインの生涯を描いた「女の一代記」と、ヒロインの現在に向かっての成長を描く「現代モノ」(少女~40代くらいまでを演じる)に分類される。(*「女の一代記」も、江戸時代以前は大河ドラマの領域なので、一部幕末を除いて描かれない)。ちゃっと統計していないのでテキトーな感覚なのだが、歴代の朝ドラの構成比は、「女の一代記」が8~9割、残り1割強が「現代モノ」となる。一部おしんカーネーションのように、途中でヒロイン需要が変わるなど、「女の一代記」要素に「現代モノ」要素を加味している作品もあるが、これは「女の一代記」の一部だと考えている。

 これまでの朝ドラでは、「現代モノ」は作品数が少ないだけでなく、ヒット作品も少ない。それどころか低視聴率モノがかなり多い。2000年代の朝ドラの現代モノを振り返ってみても、ヒットしたのは「ちゅらさん」(2002年、国仲涼子)、「あまちゃん」(13年、能年玲奈)ぐらいだろう。これにまずまず及第点だったのが、「ひよっこ」(17年、有村架純)、「半分青い」(18年、永野芽以)あたりだろうか。

 一方で2000年代で他の朝ドラで特に大爆死した「現代モノ」の2代巨頭は、「純と愛」(12年、夏菜)「まれ」(14年、土屋太鳳)だが、この2作品に共通しているのが、視聴者を共感させる要素がただただ皆無だったことだろう。朝ドラは日本の全てのドラマ枠の中で一番広い層をターゲットにしている作品であるが、ただただ暗く登場人物の多くが不幸になるだけの「純と愛」。「まれ」にいたっては、職、生き方を転々としてまったく芯のない朝ドラ主人公、サイコパス過ぎる失踪おやじなど、登場人物の魅力のなさが、厳し数字と評価となった。なお「まれ」では主要若者キャラ4人に、高畑裕太清水富美加が参加しており、実際に俳優もサイコパスだったようだ;;唯一山崎賢人だけ、そこから成功へのレールにのったが;;

 一方「あまちゃん」をはじめ、「ちゅらさん」「ひよっこ」「半分青い」が現代モノながら成功した大きな要素は、ずばり、主人公のナチュラルな「ドジっ子感」だと確信している。不器用で田舎者、ぱっとしないヒロインが、自分のやりたい夢を探し、挫折を繰り返しながら、自分なりの幸せを手に入れる、まさに日本人の好きなヒロイン像。その幸せまでの過程、途中の山谷テイストも分かりやすく、視聴者に飽きさせないステージ、場面転換(登場人物転換)も行い、メリハリをつけて、約130話のドラマを作り上げたことが、これらの作品の成功裏だろう。「半分青い」はちょっとあてはまらない部分もあるが、「あまちゃん」「ちゅらさん」「ひよっこ」は、この王道的展開をうまく活用したのだろう。(あまちゃんは飛び道具も多かったが、トータルで振り返ると、とても朝ドラ的な作品構成だったように感じる)。「半分青い」などは、北川悦吏子の脚本はなかなかのクソだったのだが、永野芽以のドジっ子感(一部サイコパス感)演技の上手さで救われ、なんとか現在モノの失敗作にならなかったような気さえする。

 そして今放映中の「おかえりモネ」。低視聴率が騒がれるが、この理由は清原果那=モネの「ドジっ子感」が圧倒的に少なすぎることだろう。モネも、あまちゃんちゅらさんひよっこ同様に、主人公がうまく人生を生きれていない感はあったが、いかんせん暗すぎる。ドジっ子感の強いヒロインは人生のうまくできない部分、不合理性を笑い飛ばす爽快感が魅力的なのだが、モネにはその要素が全く感じられないのだ。これは脚本が悪いことが大きいが、清原果那という女優は、ドジっ子感を醸し出せる女優でもない。今までの作品でも「あさがきた」のフユ、精霊の守り人バルサの少女時代、透明なゆりかご、蛍草の主人公などでも、陰を横顔から感じさせる少女をとてもリアリティ深く演じていた。そしてモネもそれらと似ているキャラクターで、悩みをかなえる内気な主人公だ。言い方は悪いがモネの演技はとても陰キャ感が強く、朝から見ていてもやもやして、つらくなる。もし対照的な陽な登場人物がもっと主要キャストとして全面で活躍していた違うかもしれないが、いなかった。東日本大震災のトラウマ感という設定は仕方ないが、トラウマを持っているので、陰キャなのは、全然意外性がない。それが低視聴率にもつながっているのだろう。言ってみれば今回の朝ドラは、清原果那の無駄遣いだった気がする。彼女の独特の雰囲気、存在感を活かせるのは、「現代モノ」でなく確実に「女の一代記」だったはずで、彼女の一ファンとして、「おかえりモネ」以外の作品での彼女主演の朝ドラを観てみたかったなと、残念な気持ちで一杯だったりしている。

 

夏の東北・函館旅の関連経費と旅行内歩数を計算してみた(備考メモ)

 

f:id:mitomito777:20210814163409j:plain

 今日は一日中雨で家から出れず何もできなかったので、アニメの3月のライオンを見ながら、今回の東北・函館ぼっち旅行経費と毎日の歩数(歩いた距離)についてもまとめてみた。自分のそのうちの振り返りのためとして。ちなみに3月のライオンけっこう作りこんでで、いい作品だが、今まで見てこなかって、少々後悔したが、結果オーライとして笑。

 (交通費) 

 ●18切符代(5回分中4回使用)1万2050円

 ●新幹線代 函館 → 盛岡   1万4050円

 ●フェリー代 青森港 →函館港   1900円

            ●交通費合計  2万8000円

 (旅行での歩数)

●8月7日(1日目) 東京自宅 → 新潟  

▽歩数=1万6593歩(11・1㌔)

●8月8日(2日目) 新潟 → 酒田 → 秋田

▽歩数=1万6382歩(11・0㌔)

●8月9日(3日目) 秋田 → 弘前 → 青森

▽歩数=2万5374歩(17・0㌔)

●8月10日(4日目) 青森 → 函館(フェリー)

▽歩数=2万73歩(13・4㌔)

●8月11日(5日目) 函館観光

▽歩数=3万853歩(20・7㌔)

●8月12日(6日目) 函館 → 盛岡

▽歩数=2万3195歩(15・5㌔)

●8月13日(7日目、最終日) 盛岡 → 東京自宅

▽歩数=1万48歩(6・7㌔)*大部分電車移動の割にはよく歩いたかな。

 ●●歩数の7日間合計=11万9323歩(95・4㌔)

*1日平均約1万7000歩。普段は1万歩くと結構歩いているし、平均で8000歩くらいだから、平均の日の2倍歩けるし、やっぱり旅行はいいな。満足。

 (旅費)

 ●8月7日(1日目) 東京自宅 → 新潟

昼飯=青島食堂のチャーシュー麺(900円)

夕飯=飲み屋(へぎそば屋)約3000円

遊び代=特になし

ホテル代=4900円(ホテルは多く選ぶの難しく、テキトーに選んだらイマイチ)

合計=約8800円

 ●8月8日(2日目) 新潟 → 酒田 → 秋田

▽歩数=1万6382歩(11・0㌔)

昼飯=昼テキトーめし約300円

夕飯=郷土居酒屋約3500円

遊び代=相馬楼の入場料+舞妓ショー 1800円

ホテル代=4600円

合計=約1万200円

 ●8月9日(3日目) 秋田 → 弘前 → 青森

▽歩数=2万5374歩(17・0㌔)

昼飯=津軽ねぷら村の青森定食 1400円

夕飯=1軒目寿司屋2500円、2軒目居酒屋3000円=合計5500円

遊び代=津軽ねぷた村入館料550円

ホテル代=3900円

合計=約1万1300円

 ●8月10日(4日目) 青森 → 函館(フェリー)

▽歩数=2万73歩(13・4㌔)

朝飯=青森港前朝市場で銀鮭定食、700円

昼飯=函館ラッキーピエロ700円

夕飯=地元の居酒屋4000円

遊び代=特になし

ホテル代=3300円

合計=約8700円

 ●8月11日(5日目) 函館観光

▽歩数=3万853歩(20・7㌔)

朝飯=函館朝市で2色丼1100円

昼飯=テキトーめし300円

夕飯=地元観光居酒屋のいか太郎、6000円

夜食=ハセガワストアのやきとり弁当500円+α=1000円

遊び代=五稜郭でのボート代金 2000円+延長2000円=4000円

ホテル代=3300円

合計=約1万5700円

 ●8月12日(6日目) 函館 → 盛岡

▽歩数=2万3195歩(15・5㌔)

朝飯=特になし

昼飯=ぴょんぴょん舎の焼肉と盛岡冷麺セット+生ビール、2500円

夕飯=じゃじゃ麺+ビンビール、1100円

夜食=コンビニでテキトー=1000円

遊び代=もりおか歴史博物館入館料300円

ホテル代=4500円

合計=約9400円

 ●8月13日(7日目、最終日) 盛岡 → 東京自宅

▽歩数=1万48歩(6・7㌔)*大部分電車移動の割にはよく歩いたかな。

朝飯=特になし

昼飯=仙台の駅地下で牛タン丼+牛タンシチュー+生ビール 2300円

夕飯=電車移動のためなし

遊び代=特になし

ホテル代=帰宅のためになし

合計=約2300円

 ●ホテル代、食費などの7日分の総合計=約66900円

 ●●宿泊費、ホテル代、交通費との旅費関連合計=約9万6700円。

  あまりに雨で暇なので、どうでもいい計算をしてしまったわ……まぁ何かの参考になるかもしれないから、一応アップしとくか。まとめると、旅費の総合計は6泊7日で約10万円ぐらいで、7日間で100㌔弱歩いたことになる。けっこうかかった気がするが、まぁこれにコンビニなどでの買い物などを含めると数千円くらいはプラスされるけど。贅沢しなかったらこれから-2、3万円削減も出来る気がするが、そこまで節約旅しても、今の僕には楽しくはないし。まぁ自宅にいたとしても1日5000円くらは使うし、ちょっと友達と遊ぶとなると1万円近くがかかる。それを考慮するとずっと家にいる夏休みでも5万円くらいかかることを考えると、散々暴飲暴食で美味い食べ物を観光を楽しんだ今回の旅は正解だったと評価。最近は海外旅行もLCCで飛行機代だけは安くなってるけど、現地の生活費はかなり上がってるしね、かなりお金かかるからな。もう安い日本目的に海外から日本に来る時代だから、これからはコロナで海外もしばらく行けないのだから、国旅行も効率的に楽しべきなんだろうね。以上。

夏の東北・函館ぼっち旅まとめ③

■6日目(8月12日)

函館 → 盛岡

  この日からは帰路。札幌まで北上して帰りは飛行機で帰ろうとも思ったんだけど、札幌は仕事でたまに行くので新鮮感がないため、今回は北海道新幹線青函トンネルを経由して、盛岡まで行くコースをチョイス。函館を在来線で9時半くらいに出発して、新幹線駅の新函館北斗に10時に着で20分少し。そこで1時間待ちだったんだけど、まぁ青函トンネル前の新幹線のための駅な感じでまじで駅前にはレンタカー屋と駅ビル以外、何もありませんでしたわ。

 新幹線で新函館北斗から盛岡まで約2時間で、12時45分に盛岡に着いた。今日は盛岡泊まりで時間があるが、今日もあいにくの雨。とりあえず盛岡といえば焼肉と盛岡冷麺なので、駅近くの名店を何店舗がピックアップして、なんとなく好み的ねぴょんぴょん舎にイン。普通にうまかった。焼き肉食べたあとに〆で辛目に冷麺に入るのがこんなに相性よかったとは、人生40年以上生きているけど、初めて知った感覚、勉強になりました。セットで焼肉はハラミと岩手金豚の2種もりだったのだけど、両方うまうま。焼肉でほてった頬に冷え冷えの盛岡冷麺はサイコーの組み合わせ感でした。我慢できずビールも1杯だけ飲んでしまいましたが、至福。f:id:mitomito777:20210814164642j:plain

f:id:mitomito777:20210814164720j:plain

 ホテルチェックインまでも時間があるので駅のコインロッカーでバックパックを預けて、とりあえず盛岡観光に。お城のない盛岡城公園をまずうろうろしたが、昼飯の時のビールが効いてきて、公園のベンチで一休み。冷夏のせいで蝉の鳴き声が弱く、遊ぶ子供の声と恋愛トークもどきをする地元の女子高生の声をBGMに少し昼寝。回復したので、公園横のもりおか歴史文化館に行ってみたが、入館料300円の割には満喫。盛岡の歴史、特に江戸以降、明治、近代のことが文化が知れて、勉強に。岩手の豊作を願う祭りのチャグチャグ馬はぜひ一度見たいと思ったしね。

f:id:mitomito777:20210814164808j:plain

f:id:mitomito777:20210814164859j:plain

 夕食は明日長期移動なので軽めにしようかと(あと毎日の暴飲暴食で胃も弱っているので)、じゃじゃ麺を食べに。グーグル先生にお伺いしたよさげな店が2店舗とも閉まっていたので、ぱんだというテキトーなじゃじゃ麺店にイン。グーグール評価はいまいちだったが、味はけっこう好み。麺を食べ終わった後に残りの麺に卵と入れて、溶き卵風スープを作ってもらう、チータンもお初ですが、大変美味しくいただきました笑。まだ少々時間があるので、北上川の河川敷でストロングゼロをお供に夜風にあたる。近くに誰もいなくてテンション高まって、一人野外カラオケしていたが、誰にも気づかれなかったはず、大声で井上陽水の少年時代と銀杏ボーイズの青春時代とスマップの夜空のムコウを熱唱してしまったが、気持ちよかったので良しとしよう笑。 

f:id:mitomito777:20210814164951j:plain

f:id:mitomito777:20210814165038j:plain

 ■7日目(8月13日)

盛岡 → 仙台 → 東京某所(自宅)

  今日は18切符で帰宅の電車旅の一日。9時に盛岡を出て20時過ぎに自宅に帰り着く。11時間強の長旅で、ある意味今回の旅で一番体力的にきつい旅程だが、年齢を重ねるごとにこういうのは無理になるかなとも思いつつ、今回やってみることに(高校生や大学生の旅程の建て方みたいだしね笑)。9時に盛岡を出て車窓は田んぼが続き、ずっと雨。仙台に12時半くらいに着き、当初はこのまま止まらないで行く予定(仙台は年数回出張に来るので新鮮さもないので)だったが、小腹が空いて牛タンも久しぶりに食べたくなったので、下車。当初は仙台駅地下の飲食街の牛タンロードの嘉助で牛タンが食べたかったんだけど、長蛇の列だったので断念。近くの洋食屋で牛タン重と牛タンビーフシチューをチョイスしたんだけど、これがうまうまー。今後仙台に来たときもリピート確定感。生ビールの泡の注ぎ方もサイコーでファンになりました。なお「浅草亭」という店名だったけど、定員さんに聞いたけど、浅草の洋食風ととのことで、浅草に本店があるとかなく、関係ありませんでした。

f:id:mitomito777:20210814165212j:plain

f:id:mitomito777:20210814165138j:plain

 雨なんで仙台では地下街から出ずにうろろしてら時間が来て、14時の電車で帰路を続ける。けっこう乗り換えが多く、福島、北白河、黒磯、宇都宮など乗り換え多く、乗り換え停車時間もそれぞれ少なく、眠れず。18時半くらいに宇都宮で20時半くらいに上野に着。そしてそこから21時前に最寄りの駅に着いた次第。やはりLCCで長期旅行は海外に行くのがここしばらくの夏だったけど、東北、函館の普通電車での移動を通して日本の広さを久々に実感でき、食い倒れもでき、けっこう楽しかった。政府のコロナポジショントークに惑わされず、これからも自分での自己管理して(もちろん無謀な無理はせずに)人生を楽しんでいこうと再確認した旅行でした。最後に21時前に着いた上野の駅構内はなかなかのガラガラ具合だったこと記して、書き終わります笑。

f:id:mitomito777:20210814165253j:plain