みとのひとりごと

関西人、東京在住。人生いまだ考え中。昭和の残香がするすみっこが好き。

蜂角鷹ハイボールが最近のお気に入り。

f:id:mitomito777:20170712203211j:plain

 ビールのスーパーでの値上がりが世間の話題のようだが、個人的にはここ数年で大幅に値上がりしたウイスキーの方が問題だ。350缶6本のビールが1000円前半と90円近く価格が上昇したとされるが、国産ウイスキーの値上がりはそれ以上だ。

 お気に入りだった富士山麓は3年前は700mlで1000円以下で買えたのに、今では1600円となり1・6倍に。山崎なんて2000円以下だったが、今では3500円前後で、なおかつ品薄でネットでは7000円くらいする暴利価格。ウイスキーがこんだけ慢性的な値上げを行っても受け入れられているのは、多分インバウンド需要のおかげだろうな。中国人観光客が日本土産で高級ウイスキーを買いあさっているとも聞く。中国人の金持ちのせいで、日本人の庶民はちょっと高いウイスキーすら買えなくなっているのか。かなり悲しい。ただそこそこ高級なウイスキーはこぞって値上がりしている反面で、安価ウイスキーはあんまり値上がりしていない。トリスとブラックニッカが日本の安価ウイスキーの両巨頭だが、どちらも700mlボトルで700円前後とほとんど値上がりしていないので、嬉しい。しばらくはウイスキーならもっぱらこの2銘柄を飲む日々が続いていた。

 しかしこのたび、新たな安価ウイスキーを発見した。徳岡なるこれまで聞いたことがなかったメーカーが2月に発売した「蜂角鷹(はちくま)」だ。700mlボトルで800円前後の価格ながら、少し甘いテイストで飲みやすい。どうも山梨のワインメーカーがOEM生産しているようだ。なかなか飲みやすくかなりのお気に入りになり、最近この蜂角鷹のハイボールばかり、自宅では飲んでいる。値段と味のコスパを考えると、これはかなりお得。もし人気が出ても、値上げはしないで欲しいものだ;;

 

 

新世界と西成

f:id:mitomito777:20170702201520j:plain

 久しぶりに大阪出張だったので、西成(あいりん)に泊まってきた。
まず、新世界をぶらりとと歩く。中国人観光が目立ち、通天閣の周辺は新しい串カツ屋ばかりで、昔とずいぶん変わっていて、なんとなく寂しい。そういえば昔通天閣の地下にあった将棋道場に通っていたっけ。それももう20年近く前なんだが。
昔の新世界の風景を探して、奥の路地を歩く。新世界東映の前を歩く。昔と同じままな風景だ。多分30年前から変わっていないだろう。「沖縄やくざ戦争」と「ひばりの弁天小僧」の2本立てがやっていたので、なんとなく中に入る。1300円。弁天小僧は1950年代、沖縄やくざは70年代の作品だろうか。まぁ館内のおっちゃんたちはほとんど60代後半以上なので、無難な選択なのだろう。
 映画館のシートに座り、なんだか違和感を感じる。あっ、灰皿がなくなっている。2年くらい前に行ったときは確かに、映画館のシートに灰皿があったはずなのに、なくなっていた。そしてスクリーンの横には「禁煙」の大きな文字。まぁ2年前の映画シートに灰皿があり、おっさんたちがタバコ吸いまくりの現状もどうかと思うが、灰皿がなくなってしまった現状が、なんかとても悲しい。
沖縄やくざ戦争」の中の松方秀樹、梅宮辰雄はどちらも若くてギラギラしていて、時の流れを感じさせる。映画の舞台(たぶん日本復帰後すぐ?)の沖縄はとても貧しくて、寂しくいたたまれなくなる。席替えもなく2本の映画がエンドレスで繰り返すのをなんとか見終わったので、映画館を後にする。

 新世界から西成の職業安定所の横を抜け、あいりん地区に入る。
新世界から少し歩いただけなので、そこには淀んだ空気が流れている。
おっさんんたちが道端に等間隔に意味もなくぼーっと座っていて、缶チューハイを飲んでいる。バラックのような飲み屋も多い。なんだかゆるく、不思議な時間が流れている。1泊800円の木賃宿に、50円の缶ジュースの自販機、100円均一の総菜ー。この値段設定は、今ではタイのカオサンより安いんじゃないのかな笑。
 昔は違和感を感じていた光景なのだけど、今の僕にはそのゆるさへの羨ましさの方が増しているみたいだ。おっさんたちと少し距離をあけ座って缶チューハイを飲みながら、空を見上げる。おっさんたちを眺めながら、あっ、俺ももうおっさんかと気づく笑。そんなことを考えてた、久しぶりの西成の昼下がりだった。 

f:id:mitomito777:20170702201557j:plain

f:id:mitomito777:20170702201711j:plain

f:id:mitomito777:20170702201629j:plain

 

須藤凜々花とニーチェ

f:id:mitomito777:20170618115703j:plain

 須藤凜々花のAKB総選挙での結婚します発言で、えらいことになっている。個人的には彼女のことは全く知らかったし、AKBファンでもないんだけど、ニーチェを尊敬しているというプロフィールを読んで、さもありなんと思ったよ。

 ニーチェの著書を読んでると肌で感じるのだけど、ニーチェの言う超人思想とは、ひらたく解釈すれば、「人の言うことを聞かず、自分の意見を押し付ける」ことなんだよね。良い意味として、「人に流されず、自分を貫く」的に表現されることが多いが、この思想は、極めて自分勝手で偏屈な思想なんだよね。そんなニーチェの思想に傾倒していた彼女が、ファンや運営側の利害関係者のことを全く考えず、ファンへの感謝の場を伝えるまずのAKB総選挙の場で、「結婚します」発言をしたのはある意味当然だろう。

 ニーチェの代表作である「ツゥアラストラはこう語りき」の冒頭、ニーチェを彷彿とさせるツゥアラストラは、誰にも自分の説教を聞いてもらえないので、すねて山にこもり、ヘビや獣に説教を十数年繰り返すのだが、飽きてきて人里に戻り、人相手にまた説教を始める。まぁ超人とはそういう自分ご都合主義の塊なんですよ。ちなみに多分彼女がもし記者会見でも開くことができたら、かならずニーチェの超人思想的な自分勝手な理屈を例えにだし、自分の発言を正当化すると思うよ。そんな光景が目に浮かぶよ。

 最後に一言、悲しいかな・・・この娘の顔も身体も、個人的に好みです。

f:id:mitomito777:20170618120312j:plain