みとのひとりごと

30歳を過ぎてから上京したアラフォーの関西人。独身。人生いまだ考え中。昭和の残香がするすみっこが好き。

夢がない日本で与沢翼を信じる貧乏人たち。

f:id:mitomito777:20190407182649j:plain

headlines.yahoo.co.jp

 与沢翼が破産後シンガポールに移住して、FXや仮想通貨、またまた不動産投資で資産70億円を築いたというフライデーのネット記事を読んだ。まぁ内容はぐちゃぐちゃで信ぴょう性はほとんどなく、70億円を本当に稼いだ証拠もどこにもない記事なんだけど、この記事を読んだ一番驚いたことは、記事下のヤフーコメントでの矢沢支持のコメントの多さだった。すでに2000を超すコメントがついているのだけど、その大半が矢沢の成功に肯定的なコメントなのだ。与沢のフロントが経済ヤ●ザであり、その上層部が与沢を利用してさらに大金を稼ぐ存在をしっている人たちのコメントも少なくないのだけど、そういう人たちでさえ、矢沢が70億円の資産稼いだ記述については。疑いの意見が少ないのだ。世の中にあふれる情報商材マルチ商法に関して、何故そんな初歩の詐欺にひっかかかるのか不思議で仕方なかったのだけど、世の中には与沢翼のような嘘をそのまんま信じ、そして憧れ、情報商材に自分の少ないお金を投資し、さらに貧困に落ちていく人は予想以上に多いのだろうと改めて感じた。与沢翼の詐欺思想を信じて明日夢見ないと、格差が広がる日本は貧困層にとっては、そこまで生きにくい国になったのだろうか。

 与沢翼のビジネスの実態は確実に貧困ビジネスだ。自分を英雄化、偶像化させ、その虚像を旗印に、情報商材や会員制セミナー、マルチ商法、マンション投資などへと勧誘し、貧乏人から小銭をかすめ取る。暴落した仮想通貨関連のアフィリエイトでも彼はかなり稼いだはずだ。今回のフライデイの与沢のヨイショ記事が何故書かれたのかは知らないが、多分与沢はもうしばらくすると日本を舞台に壮大なマルチ商法を展開する気がしている。テーマは日本での情報が少なく、さらに与沢の虚勢が生かせる中近東、アフリカあたりへの不動産投資あたりでないかと感じている(アジアは既に情報が溢れすぎているので)。ちなみに少し前のマルチが破綻した安愚楽牧場の負債総額は約4300億円。すなわち4000億円以上を貧乏人、情弱小金持ちから集めたことになる。与沢の知名度は偏よっている(20-30代中心)ので、ここまでの資金を集めることはできないと思うが、それでも数百億円規模のお金を日本の情弱層から集めることができる可能性は十分にある。与沢翼という人間にはあまり興味がないのだけど、今後の与沢翼の詐欺師ぶりの進化の可能性に注目したい。