みとのひとりごと

30歳を過ぎてから上京したアラフォーの関西人。独身。人生いまだ考え中。昭和の残香がするすみっこが好き。

久しぶりに家で麻雀をしたんだが。

 昨日、久しぶりに自宅で麻雀をした。多分8年ぶりくらいの麻雀。大阪から東京に引っ越してきてから10年少しになるんだけど、東京に来てからは、一度だけ秋葉原雀荘で友達の誘いを断りきれず、やって以来のまじでものすごく久しぶりの雀牌の感覚だった。

 家にある麻雀牌は大学生の時に買ったもので、もう20年以上もの。麻雀マットもあったのだが、保存の仕方が悪かったのか、ぱりぱりに劣化していたので、仕方ないので今回のために買いなおした。さらに麻雀ができる正方形テーブルがなかったので、こたつテーブルも新しく購入した。(今年の冬は久々にこたつに入れるので、ちょっと今から楽しみでもある)。思えば大学生の一時期、ほぼ毎日夜9時くらいから誰からの家に集まり、徹夜麻雀をしていたな。さらに初めは点1の可愛いレートだったんだけど、だんだんとレートが上がってきて、後半は点ピン+馬(1位1万、2位5000)までレートが上がり、かなりハードなレートでやっていたわ。思い返すとコアタイムは半年くらいだったが、よくあれだけ麻雀ばっかりできたなと、若かったんだろうな笑。

 とりあえず自宅で昼1時過ぎ頃から家飲みを始めて、3時くらいから麻雀スタート。メンバーは40代の独身男4人というなかなかのメンツ笑。昼間ながら、麻雀スタート時に既にかなりの酒量からのスタートだったので、ほんと頭が回らなかった。さらにメンバーのうち2人が麻雀牌を触るのが初めてで、かつ時間制約もあって、半荘1回しかできず、ちょいと不完全燃焼だった。やっぱり半荘1回は運がかなり左右されるので、厳しいな。結果は1回だけドラがらみでハネ満で上がれたけど、ハネ満を振り込んで、結果3位という2万5000点残りで、中途半端な3位だったし;;オラ的にはネット麻雀が好きではないので(というかネットゲーム全体が苦手)、久しぶりの雀荘でも行ってみようかなとなんとなく思った次第。麻雀はやっぱり楽しいんだけど4人必要なとこがかなりハードル高いんだよな笑。暇な誰か3人を無理やりに自宅に泊めて、徹夜で麻雀を久々にしたいんだが、この齢でてつまんに付き合ってくれるメンバーを探すのは大変だな。なかなかにおっさん達が家で長時間遊ぶのも難しいものだな。

 

 追記)なんとなく家に人がきたら手料理を振る舞いたい派なので、いろいろ作りやした。4人分って、やっぱり結構分量が多いので、家族の主婦は毎日の料理作るのは、、大変やろなーって、当日朝に作りながら尊敬。牛タンと煮卵も作ったんだが、写真撮り忘れてやや残念++。長崎土産で買っていたからすみも定番のきゅうりと合わせて食べたが、まぁまぁな感じ。日本酒とはなかなか合ったが、大量では食べるものではないな、やはりボラの卵よりいくらの圧勝かな一般舌には笑。