みとのひとりごと

30歳を過ぎてから上京したアラフォーの関西人。独身。人生いまだ考え中。昭和の残香がするすみっこが好き。

小野上温泉がなかなか楽しかったので、またリピるかも知れない。

 昨日9月10日(土)に、群馬県小野上温泉に行ってきた。単純に18切符の使用期限の最終日で、鉄オタ気味の友達に誘われたので着いていった感じなんだが、期待以上によかった。朝8時10分過ぎに最寄りの駅を出発して、8時30分くらいの電車で、上野から高崎へ。高崎から乗り換えて、11時30分くらいに小野上温泉駅に着いた。だいたい上野から普通電車で3時間くらいの距離。小野上温泉は実はこの旅行で初めて知った駅で、たいして期待していなかったのだが、温泉のためにできた小野上温泉駅から徒歩30秒に、群馬県渋川市の運営する温泉施設があり、天然温泉+露天風呂、サウナ、広々とした食事スペースに、仮眠スペースもあって3時間510円(+食事で1時間無料)という超リーズナブルな料金設定。誘ってくれた友達はもう7回も来ているリピーターとのことだったが、18切符1枚で往復でき、交通費が2500円以内に収まるなら、リピーターも嬉しい場所だった。

 温泉はそれなりに広くてそこそこ空いてたので、なかなかにリラックスできた。サウナはやや狭くてちょいと悲しかったが、室内温泉→露天風呂→サウナ→水風呂のオラの

定番温泉(銭湯)パターンを3回繰り返し。サウナの温度がかなり高く水風呂で頭がやられ、少しヤバさも感じたので、1時間ほど温泉にいて、くつろぎスペースへ。昼飯はささみ天と季節の野菜天丼をチョイス。サウナ3回後の一杯目の生ビールはまさに至福だった。料理はまーまー。その後チューハイは2枚のんで、マッサージチェアをたのしんだ後に仮眠タイム。あまりにも気持ち良すぎて寝すぎたので、1時間延長して、結局5時間いたが、なかなかに楽しめた。寝起きにソフトクリーム食べたが、なかなかのうまうまだったので満足した。

 ちなみに今回は温泉がメインだったのだが、近くに2-3時間で回れそうなトレッキングコースも数か所あったので、今度はトレッキングしてから、温泉につかるパターンもいいかなと考え中。かなりの満足度なんで、少し距離はあるものの、リピるのもありかと考えている。ちなみに近くには温泉宿も数軒あったので、そっちも、いつかは行くのもいいかなと。なお帰りはさすがにお腹が減ったので秋葉原で降りて、お久の新福菜館を堪能。自宅には夜10時過ぎに帰宅。まだ土曜日だという安心感を満喫しながら、家でまた軽く飲んで、なかなかに楽しい休日だった。朝だけが厳しいが、土曜日に朝早くから日帰り旅行するのはなかなかにコスパ的にも時間的にも満喫できるなと感じた1日だった。体力的にも1泊2日よりも楽しいかもしれない・。今後も人生をテキトーに楽しむために、ハードルが低めの土曜日の日帰り旅行を積極的に生活に取り入れようかなとも思ったりしている。