みとのひとりごと

30歳を過ぎてから上京したアラフォーの関西人。独身。人生いまだ考え中。昭和の残香がするすみっこが好き。

仮想通貨の阿鼻叫喚劇場をこれから楽しみたい。

f:id:mitomito777:20180127203647j:plain

 コインチェックのNEMのハッキング被害で、仮想通貨の終わりが完全に始まった。まぁ未来に仮想通貨を振り返る企画がもしあれば、終わりの1ページにふさわしい物語性があるね笑。ネット上にはいまだ自分たちの馬鹿さ加減が認められないポジショントークがまんえいしているが、まぁ仮想通貨バブルももう完全に終わりだろう。政府も仮想通貨の利益の雑所得明確化をはじめ、完全に仮想通貨を押さえつける気まんまんで、他国に比べたら遅きに失してはいるのだけど、まぁ今後仮想通貨が浮かび上がる要素はないだろうね。そもそも交換価値のほとんどない通貨を浮動通貨が少ないことをいいことにバブルを創出してしまったのだから、仕方がないことなんだけどね。

 でも仮想通貨バブルに群がっている大半がほとんどが20代~30代前半だということを考えると、仮想通貨バブルが起こるのも仕方ないんだよね。1980年代後半のバブルや17世紀オランダのチューリップバブルを例にあげなくても、日本だけでも●●バブルはここ10数十年で数回以上は出現している。まだアラフォーなんだけど20歳そこそこから投資(投機)をやって投資歴20年近い僕の個人的な経験すら、●●バブルとその後のどん底を、日本市場だけで少なくとも4回経験している。1回目は2000年前後のITバブル。この時はまだ大学生で投資金額も少なく、金額的にはそんなに被害を被っていないのだけど、それでも何をやっているか分かないカタカナ企業の株価が何十倍にもなり、そして元の値段以下になったり、破綻したりした。そして次に2006~7年のライブドア新興株被る。この時はもう社会人で既にかなり金額を投入して、最盛期は億以上に資産を増やしたのだけど、そのほとんどを溶かしてしまったのは今ではいい思いでだわ。この時はツイッターもない時代で黎明期のブログや2ちゃんねるが情報の中心だったなと遠い目笑い。仕手株がまだ機能していた時代なので、10倍以上に急騰してそして落ち込んだ銘柄も少なくなかった。株式併合を繰り返した結果、1万円以上あった株価が1円になり、上場廃止したプライムシステムオーベン)で大損したのも、振り返ると思い出だわ。

 そして3回目が2014年に弾けた円安バブル、1ドル80円以下から125円まで上昇した相場でスワップも含め大儲けしたハイレバ投資家も多く、ミセスワタナベも世の中を盛り上げたっけなと。考えれば2010年に80円でドルを買い、125円まで持ち越したら+45円。100万円でレバ10倍のポジションなら+450万円。スワップも合わすと600万円くらいの儲けになる。2000万円ほど入金していたら、1億以上稼げた計算になる。ぼろい時代だったなと。まぁここでも2012年くらいから参入さしてもらい、そこそこ●千万円は儲けたけど、結局2014年秋からの120円台から一時90円台後半の暴落で、ほとんど溶かしてしまったっけ笑。

 そして今、4回目のバブルの真っただ中。株式も2012年のアベノミクスバブルがいつはじけるかかななかに難しいのだけど、仮想通貨バブルはもう完全に落ち目に入っている。「この技術(商品)が分からないやつは、新しい時代についていけてない」的は発想が一部の自意識過剰ピープルの間に波及しだしたら、まさきバブルは終わりなんだよね。常識では考えられない値段で、常識では考えられないものを買う。それがバブルなんだから仕方はないのだけど。でもバブルを乗り越えた成長してきたものもあると言う人もいるけど、それはそれ。例えばソフトバンクは確かにITバブルを乗り越え成長してきたけど、結局は利益の根底になったのは、ADSLのヤフーBBでの攻勢とボーダホンを買収しての寡占市場である携帯電話の参入。ビジネスの根底は分かりやすい。運も実力もあったのだけど、ある種の正攻法でバブルを乗り越えるだけの力があったから。

 なんかだらだらと書いてしまったが、ここからが本題。バブルが弾けるのを見るのは本当に楽しいエンターテイメントだということ。相場が盛り上がるのは上昇相場でなく下落相場だというメシウマ的な物語こそが相場の醍醐味で、まさにこれから始まる仮想通貨バブルが弾けるのは、調子乗った20代の仮想通貨族の没落を見れる阿鼻叫喚のエンターテイメントになるだろうね。ちなみに個人的には仮想通貨に数十万を投資はしているけど(コインチェック以外の取引所にだが)、月曜日に値段は気にせ全て手仕舞いしてノーポジになり、これからの仮想通貨の崩壊の阿鼻叫喚を楽しむ見通し。

 ちなみに、個人的な仮想通貨相場の予測をビットコインでしてみると、昨年末の220万円、今の118万円くらいの価格は、2-3月中に100万円割れが定着し、6-7月には70万円以下になると予想。この水準まで下がるとマイニングより電気代の方が高くなるので、マイニング族も全滅するだろうし。あとその後復調するから政府の姿勢次第だと思うけど、仮想通貨を完全に締め出す方向になりそうだから、その場合の価値はいずれほぼゼロに向かうだろう。ただし年内はそこまで加速度化していないので、まぁ2018年末のビットコインの値段は20万円前後と、17年1月あたりの価格に落ち着くんでないかと、勝手に予想しているが。以上勝手な所感でした。