みとのひとりごと

30歳を過ぎてから上京したアラフォーの関西人。独身。人生いまだ考え中。昭和の残香がするすみっこが好き。

1500円ラーメンの価値。


f:id:mitomito777:20201003200053j:plain

 この前平日の昼にぽっかりと時間があいたので行ってきた、秋葉原の1500円醤油ラーメンの感想を書こうと思う。醤油ラーメン好きとしてはいつか行きたかったのだが、数日前にやっと行けたので、記憶が薄れないうちにブログでもメモっておく。

 JR秋葉原駅のほど近くに「麺処ほん田」というラーメン屋があり、同店の看板メニューの一つとして1500円(税込)の「特製醤油ラーメン」がある。醤油ラーメン好きとして長らく気になっていた醤油ラーメンなのだが、この前ようやく初めて食べることができた。

 「麺処ほん田」は2008年に、北区東十条の住宅街にオープン。その存在は5年前くらいから気にはなっていたのだが、北区は生活圏から遠く、訪れるまでのテンションはなかった。だがコロナ禍の真っ只中の今年4月に、同店はJR秋葉原駅中央改札口そばの高架下に移転。働いている会社事務所も秋葉原駅が最寄であり、一気に店は身近になった。ただ同店が4月に秋葉原にオープンしたものの、コロナ禍による外食控えに、同店の営業時間もしばらく不規則だったこと、さらにはコロナ禍に関わらず、いつ店を前を通っても10~20人以上の列が出来ていることもあり、10月に初めて来店するまでに、半年近くも経ってしまった。

 同店の店主の本田裕樹氏は現在も33歳と若いが、08年に北区東十条に初めて店を開いたときは、若干21歳だったという。同店は、醤油だけでなく、塩、つけ麺、汁なし担々麺など展開するが、店の一番人気は「特製醤油ラーメン」と「特製醤油つめ麺」で、本田氏も醤油への思いが最も強いことをラーメン関連メディアで明かしている。

 今回は「つけ麺」でなく、「特製醤油ラーメン」の方を食べたのだが、そのこだわりは見た目からでも明らか。豚肩ロース、豚ロース、鶏ももの3種類のチャーシューがのっておりそれぞれに低温調理、オーブン焼き、つるし焼きと、素材に合わせて加工を変えるこだわりだ。さらにハマグリベースのだしと5種類のオリジナル醤油のブレンドだしは、醤油ラーメン通たちの評価通り、余韻が残る素晴らしさ。本格派の自家製麺に、とろとろ味玉と海苔のバランス配置もさすがだった。

 ラーメンとして1500円は高価だが、ここまでの素材を使いこだわり抜いたラーメンの値段としては妥当だと思えた。多分素材原価も、800円ほどの通常のラーメンの倍以上あるだろう。

 世の中ではあらゆる業界で、プレミアム化、高付加価値化を大きく謳っているが、それに値しないただ高いだけの商品も多い。情報商材なんて形の見えないものなんて、さらにその実価値のなさは半端ではない笑。消費者はやはり賢く、正直なもので、いかにプレミアム化という言葉で着飾っても、その付加価値に納得しなければ、購入にいたらず、リピーターになどなおさらならない。そんな当たり前のことを改めて感じさせる1500円の「特製醤油ラーメン」を堪能し、次は「特製醤油つけ麺」を食べようと誓いながら、さらに長くなった行列を背中に感じながら、店を出た昼下がりだった。

f:id:mitomito777:20201003200349j:plain