みとのひとりごと

30歳を過ぎてから上京したアラフォーの関西人。独身。人生いまだ考え中。昭和の残香がするすみっこが好き。

夏の東北・函館ぼっち旅まとめ①

f:id:mitomito777:20210814160917j:plain

 今年の夏は海外に行けないので、とりあえず昔からやってみたかった18切符を使った、東京から北海道までの青函フェリーを使った陸路での旅行を、いい機会なので実行してみた。あと実はこのブログでは初めて書くのだけど、2014年から日本の47都道府県を改めて全て訪問するぼっち遊びをしていて(既にそれまでに全県訪問済みではある)、なかかなに東北には行く機会がないので、このタイミングでやってみようかと思いまして。あとコロナ感染は東京ではひどいことになっているが、東北はまだまだ軽微なので(宮城を除くとどの県も1日数十人)、コロナまみれの東京で遊ぶより確実に安全だしね。さらに東京五輪開催のお金、政治ファースト、テレビのコロナ感染しまくりの茶番劇を見ていると、夏の貴重な休みに旅行をしないという選択は思えるわけでなく、ということで、旅行に行ってきた。ツイッターで旅程を振り返りブログを書いているうちに長い記事になってしまったので、3回に分けて掲載します。

 

■1日目(8月7日)

東京某所 → 新潟

 東京から新潟までは電車の便がよく、上野から新潟までの乗り換えは、高崎、水上、長岡の3回で、どの駅の乗り換え時間も10分以内でスムーズに行けるので、けっこう楽だった。8時に最寄り駅からJRに乗り、15時前に新潟駅に到着。実は俺は関西人なのだが、オヤジの実家が新潟の佐渡島のこともあって小学生、中学生の夏休みは毎年佐渡島に帰省していたので、その途中で新潟には寄っていたので、新潟自体にあまり新鮮感はなかった。今も数年に1度くらいは新潟に出張もあるしね。車窓は田んぼと山で変わらず、途中水上温泉などを通り過ぎて、いつか暇になったら長期滞在したいなとも思いながら、新潟までは割と刺激もなく、着いた。 

 新潟で普通の観光というより、なんかB級観光でもしてみたいなと考えて、昔ネットでちらっとみたガラガラの商店街、ドカベンロードに行った。まず昼食に新潟のご当地ラーメンの「青島食堂」の生姜醤油ラーメンを堪能。醤油ラーメン好きとしては、なかなかの好みの味だったな笑。 

 ドカベンロードは、駅から歩いて30分弱とけっこう全長200メートルくらいの商店街に、ドカベンの岩城、殿馬、里中、山田太郎あぶさんあぶさん景浦安武)、野球狂の詩水原勇気岩田鉄五郎の水島作品の名キャラ―の銅像が勢ぞろい。けっこう銅像のクオリティが高く、でも誰も銅像の存在を気にしていないシュールさも馴染んでて、ちょっとテンションあがる。小雨の中で疲れたので、商店街の喫茶店で一休み、綾小路きみまろみたいな小っちゃなおっさんがキャラが立ってて、なかなか雰囲気のいい店で、コーヒーも美味しかったよ笑。

 

f:id:mitomito777:20210814155741j:plain

f:id:mitomito777:20210814155828j:plain

 夜はグーグールで評価が高かったへぎそばの店で軽く一杯。夕方にラーメン食べて若干腹パンだったが、日本酒おためし飲みセット3杯×2とのっぺとへぎ蕎麦をチョイス。まずまず美味しかったけど、へぎ蕎麦はぼっちでは量が多過ぎたのは、ちょいと後悔だったかね笑。

f:id:mitomito777:20210814155928j:plain 

■2日目(8月8日)

新潟 → 酒田 → 秋田

f:id:mitomito777:20210814160243j:plain

 新潟を8時51分に出発して、12時35分に山形県の酒田に到着。新潟から酒田までは海と田んぼしかない風景も多く、とても楽しめたりした。何故酒田に来たのかというと、おしんファンの聖地だから。酒田駅から歩いて15分くらいの場所に、相馬楼という場所があり、江戸時代の老舗料亭の後の記念館(1996年に閉店)なのだが、そこはおしんが少女時代に奉公していた加賀谷のロケ地だったんだよね。江戸時代の料亭を感じる大広間と昔からの家具、絵画などはなかなかいい雰囲気だった。まぁ併設して竹久夢二美術館もあり、同美術館は日本国内で10館近くあり、そのうち数館は行ったことがあるのだけど、けっこういい方だったんじゃないのかな。夢二と3人の妻の人生と関わり合いもうまくまとめてあってそこそこよかったな。

 その後1000円の入館料に800円のオプションで堪能できる舞妓さんの舞いも堪能。受付に舞妓メイクをしている女の娘がいるなーと思っていたのだけど、その受付の娘2人が酒田の舞妓の舞いも行うローコスト経営。さらに舞の時間になると地下アイドルのおっかけみたいな地元のおっさん数人も入ってきて、観光客に混じって鑑賞。なんか掛け声とかもあってなんか世の中どこでも同じなんだなーと、不思議な感覚に。その後舞妓さんとの記念撮影もぼっちでしてもらい、館を後にした。

 

f:id:mitomito777:20210814160354j:plain

f:id:mitomito777:20210814160426j:plain

f:id:mitomito777:20210814160511j:plain

 酒田を15時30分に出て、秋田に17時30くらいに着、約2時間。秋田ではひろき風呂が自慢と書いてあったローカル宿にイン。なんかまさに中高生の合宿でも使われる地元宿みたく、当日は秋田の陸上関連の大会があったらしく、秋田の遠方?から泊まっているらしいジャージ着の女子高生が歩いていたりとか、なんか地元感を満喫。ちなみにひのき風呂はそんなに広くはなかったが、ひのきの匂いはかなり新鮮で、なおかつ夕方の7時前には風呂を独り占めにできて、なかなかに堪能できたわ。

 秋田駅前をうろうろしたのだけど、しかし秋田は駅前に店が本当に少ない。今回移動した旅行都市で一番賑わってなかった感じ。実はホテルも秋田駅前はすごく少なくて他の街に比べると一番平均して値段が高かっただよね、まぁ白神山地などを除いて、秋田は観光地もすくないけどね。駅前をぶらぶらしていたが、とりあえず駅前の秋田定食なるきりたんぽ鍋をはじめ地元の名物をなんとなく全部堪能できる店があったので、イン。そこもなんだか学校ジャージの集団がいて少しうるさかったが、けっこう全部なかなか美味し。個人的には濃いめの味付けが好きなんで、秋田をはじめ東北料理は味覚にあってるんだろうね笑。

f:id:mitomito777:20210814160642j:plain

f:id:mitomito777:20210814160737j:plain 

■3日目(8月9日)

秋田 → 弘前 → 青森

 秋田、青森間はけっこう近く(電車で4時間弱)なので、今日は少しまったりめの移動。秋田を9時44分に出て、弘前に12時18分着。とりあえず弘前は観光スポットが多いので、5時間ほど時間をとってまず観光。まず定番の弘前城へ。ここは江戸時代からの現存の天守がある日本での10くらいのお城の一つで桜のシーズンはかなり有名。弘前城まで駅から歩いて20分くらい。小雨の中で場内をうろいろするが人は少なし、でも桜があればキレイなんだろなと感じられるレイアウト、植物園もあり、地元ではデートスポットなんだろうなと思いながら通り過ぎる。天守閣まできたが現存は3階建て(昔は5階だったが消失)なんで、かなり低く、最上階からの眺めももちろん低かった笑。でもやっぱり偽物の大阪城あたりとは違って、古い柱には江戸感も感じられて、けっこう気持ちよかったな。 

f:id:mitomito777:20210814160917j:plain

f:id:mitomito777:20210814161004j:plain

 その後近くの観光レストランで昼食。郷土料理の貝焼き味噌とけの汁の定食をいただく。貝焼き味噌は、ホタテ買いに自分で生卵を落とし込んで親子丼風にして食べる感じ、かなりうまうまー感。けの汁はごぼう、にんじん、鶏肉などを細かくした味噌ベース、東北にはよくありそうなお味。まだまだ移動の途中なので、酒はやめとく。そして弘前城からほど近い津軽藩ねぷた村へ、入館料550円。入口でまずねぷたの説明をしてくれてけっこう勉強になった。ねぷた、ねぶたの2つの呼び方があるが、より北の方言の強い地域は「ねぶた」で、青森よりしたの方言がまだゆるい地域は「ねぷた」たしい、ぷち知識。3大ねぷたは青森、弘前五所川原なんだけど、五所川原はなんと23メートルの大型ねぷたが担がれるとのこと、かなり見てみたくなった笑。ねぷたは毎夏ごとの使い捨てらしく、ねぷたの絵師は基本公務員や教師、調理師などの固い商業の兼業なのも興味深かった。さらに津軽三味線の生演奏もあり、初めてでそれなり楽しめたし、施設内の客ががらがらの池への鯉へのエサやりもなんか大名感大きく、楽しめたな。550円はお得だった笑。

 

f:id:mitomito777:20210814160737j:plain

f:id:mitomito777:20210814161135j:plain

f:id:mitomito777:20210814161815j:plain

 弘前を17時40分に出て、青森に18時20分に着。40分の時間がすごく短く感じるが、考えてみたら、大阪駅から神戸・三ノ宮まで20分くらいなんで、それなりの時間なんだが、まぁ今までの移動区間から短さを体感。 

 青森のホテルにチェックインし、19時半くらいからテキトーに居酒屋探し。グーグル先生が高評価だった寿司屋に行ってみるもまさかのお休み、数軒先に寿司があったのでなんとかくインしたが、地元感一色のお店。地元風のおばちゃんが一人でテレビを見ているだけで、ガランとした店内。しくったかなーと思ったが上寿司とじょっぱり(青森の地酒)をけっこう堪能、寿司もそこそこのクオリティで満足。今日はもう少しなんかしようかなと2軒目を物色、2軒目も行きたかった店が満席だったので、完全にテキトーイン。完全おまかせの店なんでテキトーに3品ほどチョイス。あんこうの味噌和え風と焼きガニが普通に両方美味しく、また来たいと思わせる店で満足でした。少しだけ小雨でやや風も強い青森港でくつろいでから、ホテルに帰還する笑。

f:id:mitomito777:20210814161537j:plain

f:id:mitomito777:20210814161624j:plain